GS1 Databar Expanded

概要

RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年に国際自動認識協会AIMIのITS規格になり、その後、ISO/IEC24724で規格化された。従来のバーコードは、シンボルキャラクタとエンコードキャラクタが1対1で対応していたが、GS1 Databarは、データが圧縮されているので、少ないモジュール数で多くの情報を表わせるようになっている。

GS1 Databarには、Standard, Limited, Expandedの3種類のシンボルがある。GS1 Databar Expanded(拡張型)は、標準商品コードの他に重量等の補足情報もエンコードできるシンボルである。データは、GS1-128のようにアプリケーション識別子とセットにして連結でき、数字で最大74桁、英字で最大41字までエンコードできる。有効期限、ロット番号、重量などに使用される。モジュール幅をXとすると、バー高さの最小値は34Xである。Xを0.25mmとすると、数字50桁のシンボルサイズは、8.6mm(H)×100.6mm(L)である。。

特長

  1. キャラクタ セットは、ISO-646(数字、英大小文字、スペース、20種類の記号(!、"、%、&、'、(、)、*、+、,、-、.、/、:、;、<、>、=、?、_)およびファンクション キャラクタ(FNC1)で、EAN.UCCアイテム識別コード(出荷コンテナコードSCC-14)と、計量単位や年月日などの付加情報などをエンコードすることができます。
  2. シンボルの構成は、左から1モジュールのスペースと1モジュールのバーのレフト ガード、17モジュールのチェック キャラクタ、15モジュールのファインダ、17モジュールの第1データ キャラクタ、17モジュールの第2データ キャラクタ、15モジュールのファインダ、17モジュールの第3データ キャラクタ、以降データ キャラクタ、ファインダ、データ キャラクタと続き、最後のデータ キャラクタの最右側のエレメントの逆で始まり交互の2モジュールのライト ガードで終わる。
  3. 偶数データ キャラクタ(奇数シンボル キャラクタ)の場合は、ファインダに続いてライト ガードで終わります。
  4. データ キャラクタ数は、最小1、最大20データ キャラクタです。
  5. シンボルのタイプには、標準およびStackedがあり、Stackedは、標準の偶数シンボルキャラクタ毎に各段を構成するもので、1段は2シンボルキャラクタから最大20シンボル キャラクタまで可能です。ただし、段間は3行のセパレータパターンが付加されます。
  6. キャラクタ間にスペースが入らない連続型です。
  7. 自己チェック機能が有ります。
  8. エラーの発見には、モジュロ211チェックサムが使用されます。

寸法

  1. 最小モジュール幅は、0.25mmです。
  2. モジュールの高さは、 モジュール幅の34倍以上です。
  3. 列数は2列から20列まで、段数は11段まで可能です。
  4. クワイエットゾーンは不要です。

 GS1 Databar Expanded
GS1 Databar Expanded

 GS1 Databar Expanded Stacked
GS1 Databar Expanded Stacked

 

 

関連製品

  • 業務用ポケットスキャナ

    MT1297

  • コードレス高性能リニアイメージャ

    F680BT

  • ウェアラブル リングスキャナ

    GSR-1000BT