倉庫管理

ロケーション管理、ロット管理、先入先出管理、賞味期限管理、不定貫管理などの高度な物流管理機能を備えた倉庫管理システムです。クラウド対応により保守管理が容易になります。

LFSは、倉庫内のすべてのプロセスと物流をアクティブに制御することで、経営戦略から営業戦略の見直しを可能にする先進の倉庫管理システム(WMS)です。 クラウド型システムでありながら、比類のない豊富なモジュールにより様々な要求に対応でき、業務、画面、ラベルなどをカスタマイズできます。したがって、業界、業種を問わずワンソースで使用することができます。また、主要なMRPやERP、テクノロジープラットフォームと統合できますので、現在および将来のインフラとシームレスに同化しながら永続的に使用できます。更に、音声ピッキング、RFID棚卸、配送管理、マテハン制御などのオプションと連携することができます。

POT Magagerは、僅かな予算で基本的なWMSを導入し、必要に応じて機能アップできるフレキシブルな倉庫管理システム(WMS)です。初期導入では、伝票入力とピッキングリストにより的確な在庫管理と出荷指示を実現します。次に、荷主とEDIで接続しデータ入力を効率化します。そして、モバイルターミナルを導入し、誤出荷を防止します。最後に、配車管理システムを導入し、配送効率を高めます。倉庫管理の基本機能を押えた低価格なシステムですので、3PLや中・小規模の倉庫管理に最適です。

 

 

EPG ONE™ Warehouse Management System (LFS)

 

LFSは、インテリジェントに接続された倉庫管理を実現するための倉庫管理システムであり、幅広い業種の要件に適合し、また、お客様のニーズに合わせて開発されています。モノと情報の全体の流れを計画・管理し、また、スタッフやすべての利用可能なリソースの運用計画を策定することを助けます。EPG ONEの倉庫管理システムLFSは、100%安全かつ最大限の透明性をもって、すべての手動及び自動化された保管ユニットの移動を能動的にガイドします。これは、一般的な倉庫管理システムに比べて際立った特長です。

 

LFSイメージ

 

 LFS倉庫管理システムは、お客様の物流のワークフローに合わせてフレキシブルにカスタマイズすることができ、
システム変更の際にも優れたサービスを提供します。本システムのメリットの概要は、次のとおりです。

 

全てのプラットフォームやデータベースに対応

LFS倉庫管理システムは、Windows、Linux、IBM iSeries(AS/400、i5)などの全ての一般的なプラットフォーム上で動作するほか、モバイルアプリケーション用のAndroidやiOS上でも使用できます。また、業界をリードするデータベースであるOracle、MS SQL、DB2でも簡単に利用することができます。すべての一般的なERPやPPSシステムへの通信インタフェースは、SOA環境で使用するためのサービスと同様に、例外なくLFSに備わっていますLFS倉庫管理システムは、1997年にSAPの認証を取得しています。

 

マルチクライアント及びエンタープライズに対応

 お客様の物流は拡大している最中でしょうか?新しい拠点や施設への接続は、新しいクライアントの追加と同様に迅速かつ簡単に行えます。弊社のライセンスモデルは柔軟性に富んでおり、クライアントの数やLFSシステムを使用しているユーザーの数に関係なく、1つのライセンスで全てのサイトを管理することができます。

 

 グローバルサポート

 お客様が使用しているLFSソフトウェアのバージョンには関係なく、弊社のソフトウェアソリューションに対して一年中24時間の英語でのグローバルサポートの提供が保証されています。弊社のサービス担当者は、継続的なトレーニングを受けており、常に最高の技術レベルを維持しています。

 

 

 パワフルで最先端技術の機能を備えたLFS

イントラロジスティクスの全プロセスデータはリアルタイムで LFS に集められ、そこでデータは処理され、表示されます。そのため、コントロール・ステーションでは、物流での現況を把握することができます。

入庫、注文状況、ピッキングなどの物流プロセスは、「TIMESQUARE」ロジスティクスコックピットを介して明確に表示されます。早期に倉庫内の弱点が特定されるようになります。例えば、コントロールセンターの担当者は、今後のボトルネックについて事前に情報を把握することができます。

従業員や資源もLFSで管理することができます。現代の倉庫管理システムが過去の経験から学び、先を見越した提案をするなど、作業担当者をサポートする先進的なシステムが求められています。
例えば、バスケット分析やルート・ピッキングパスを使って、事前に倉庫内の保管棚割り当てを計画し、最適化します。これを実現するためにEPGでは、人工知能(AI)の構成要素をLFSに統合しています。その一例がスマート受注予測です。これは、過去の物流データと外部データ(天気予報など)を利用し、将来の受注を正確に予測します。

 

LFS_WMS

 

あらゆる業種に対応した倉庫管理システム

LFSは、複雑な物流プロセスであっても、パラメータをフレキシブルに設定、いつでも拡張ができるため、どの業界
でも使用できる物流ソリューションを提供します。多言語であり、かつ使いやすいユーザーインタフェースも頼りになります。

産業別の特徴と機能の概要

お客様のビジネスが物流サービス食品飲料品車部品・スペアパーツ製造業化学品、医薬品・医療Eコマース・ファッションその他の産業に関わるビジネスであれ、弊社はあらゆるビジネスに対応しております。LFS倉庫管理システムは、貴社の倉庫管理システムの全てのニーズを適切に満たせるように、業界別に合わせた様々なパッケージを用意しています。LFSに倉庫管理を任せることで、貴社はコアビジネスに集中できるようになります。

倉庫管理のための拡張可能なモジュール

お客様の要件が変更した場合でも、LFSは新しい条件に迅速に適応します。また、モジュールを新たに追加する場合でも、弊社の倉庫管理システム(WMS)は簡単にカスタマイズができますので、最大限の柔軟性と拡張性が保証されます

インターナショナルユーザにも優しいインターフェイス

現在、LFSは16ヵ国の言語に対応しており、使いやすい"「iBrowser」ユーザーインタフェイスは、世界中で利用されています。すでに弊社の倉庫管理システムを利用し、インターナショナルに展開している多くの著名な企業をご確認ください。

 

 

 

 

 

  • スポーツ・レジャー品の管理

    (株)ロジスポ 導入事例

    入出荷、在庫管理から荷札、送り状発行まで、一連の作業を1システムで実現し、路線業者との連携による効率化を図るためにPOT Managerを導入されました。

  • 倉庫管理システム(WMS)

    POT Manager

    複数荷主に対する在庫管理や債権管理と共に、ロケーション管理、ロット管理、先入れ先出し管理、賞味期限管理などの高度な物流管理機能を持っています。伝票入力とバーコード入力に対応。

  •