昭和陸運(株) 導入事例

運行予定と運行情報の情報を共有化

昭和陸運様は、一般貨物から重量物まであらゆる荷物特性に最適な車輌を提供し、多様な物流関連事業を営む物流会社です。運行管理システム SilverCruiseを使用して運行情報を共有化したことにより、予定と実績、請求業務までを一元管理し、コスト削減を実現しました。

会社名 昭和陸運株式会社 昭和陸運
本社 広島県福山市引野町4-1-8
設立 昭和47年(昭和29年創業)
資本金 1,000万円
従業員 70人
事業内容 貨物自動車運送、自動車運送取扱業、通関業、倉庫事業、物流情報サービス、労働派遣事業、トランクルーム

導入前の課題

  • 一般貨物の運行管理は、本社と滋賀営業所で別々に行っていましたので、FAXを利用して指示書をやり取りしていました。
  • 運行の予定、実績が、配車マンの間で共有されす非効率でした。

導入後の改善点

  • 運行の予定と実績が、本社と営業所で共有化されたため、リアルタイムでお互いに確認できるようになりました。そして、各配車マンの間で情報伝達が効率化されました。(時間の短縮、情報伝達の正確性の向上)
  • 日別(日付範囲)、車両別、得意先別に運行情報の検索がすぐに行えるようになりました。
  • 運行情報のデータ出力が各種条件で瞬時に出力でき、Excelと組み合わせて様々な資料が作成できるようになりました。
  • 請求業務においては、運行情報のデータ出力により、経理資料の作成、請求書の作成と、一元管理できるようになりました。また、営業と経理の間での食い違いが生じなくなりました。
  • 情報の管理が一元化され、簡単に作業が行えるため、経理パート人員の削減に繋がりました。

システム概要

 配車予約、実績管理システム

  • サーバー版のSilverCruiseを使用することにより、複数の拠点で複数の配車マンが、得意先からの電話やファックスで依頼を受け、そのま ま運行管理システムへ簡単に配車予約できます。そして、他の配車マンは、運行予定と実績をリアルタイムに確認することができます。また、当日の完全な空き 車両の確認もできます。
  • 日付範囲の得意先指定で検索できるため、過去の運行実績を素早く確認する事ができます。

請求管理システム

  • 運行実績から簡単に請求書を発行することができます。
  • 登録された情報の全てをCSV形式のファイルに出力できますので、Excel等で多種多様な資料を作成し、分析できます。また、このデータを利用して各種経費の管理ができます。

 

昭和陸運システム