センサーで罠を監視、捕獲をメールで通知

害獣捕獲監視システム

わなタグ

箱罠、くくり罠、囲い罠などに害獣が捕獲されたかをIoTで監視するシステムです。加速度センサーRF監視タグ、または、赤外線センサーRF監視タグを罠に装着し、害獣が捕獲されたかを監視します。センサーが害獣を検知した場合、モバイル通信により検知信号を中継器からメールサーバに送信し、管理者にメールで知らせます。これにより、巡廻監視の手間を省くことができます。

スペクトラム拡散のLPWA(Low Power Wide Area)通信を使用していますので、中継器から半径1Km以上の広範囲を監視できます。

3.5G / LTE 無線通信 防塵・防滴 氷点下動作
オンラインでのご購入または見積りはこちらから

特長

IoTで罠を監視

害獣を捕獲するために仕掛けた罠は、巡廻監視により捕獲状況を把握しますが、管理者にとって大きな負担になっています。そこで、巡廻監視をセンサー付RF監視タグ、M2Mアダプタ、モバイル通信、メールサーバによるIoTによって解決しました。わなタグは、くくり罠、箱罠、囲い罠など、罠の種類に限定されることなく使用することができます。

加速度センサと赤外線センサの利用

箱罠やくくり罠では、捕獲した害獣は、逃げようと暴れます。その振動を加速度センサで検知し、その信号を中継器に送信します。また、箱罠や囲い罠では、罠に入った害獣を赤外線センサで検知し、同様にその信号を中継器に送信します。

中継器は、センサーからの信号をカウントし、一定時間に予め設定したカウント数を越えた信号を検知した場合は、捕獲されたものと見なし、そのカウントデータをモバイル通信を使用してメー ルサーバに転送します。そして、メールサーバは、罠の管理者にカウントデータをメールします。

害獣捕獲メール

中継器にRF監視タグを100台まで接続

1台の中継器に100個までのRF監視タグを接続できますので、モバイル通信の契約数を少なくでき、通信費用やメール費用を削減できます。

LPWAにより通信距離1km以上

920MHz帯スペクトラム拡散のLPWA(Low Power Wide Area)通信を使用していますので、中継器から半径1Km以上の広範囲にRF監視タグを設置できます。(監視タグや中継器の設置場所により通信距離は変化します。)したがって、家の近くの圃場監視では、中継器を電源供給できる場所に設置することができます。

フレキシブルな捕獲判断

加速度センサーは、強風やイタズラなどにより加速度を検知しますので、どの程度の検知数で捕獲と見なすかが重要です。赤外線センサーは、強風による監視対象物の揺れ、雪、人などにより検知しますので、これもどの程度の検知数で捕獲と見なすかが重要です。わなタグでは、監視時間と検知件数を任意に設定できますので、設置環境や捕獲対象獣によって変更できます。

電源制御による省電力設計

中継器は、バッテリ駆動ですので、連続動作させた場合は、1日間使用することができません。そこで、RF監視タグからの検知信号を受信するまで、M2Mへの電源供給を停止させています。また、メール受信を拒否している夜間も電源供給を停止していますので、捕獲がない監視状態の場合、約1ヵ月の動作が可能です。また、毎朝、バッテリーレポートがメール送信されますので。充電時期を予測することができます。

RF監視タグの電池寿命

RF監視タグは、入手が容易な単三アルカリ電池、または、単三リチウム電池を2本使用します。電池寿命は、検知数に依存しますが、3ヶ月が目安です。毎朝、バッテリーレポートがメール送信されますので。交換時期を予測することができます。

 バッテリレポート

安価な通信コスト、メールサービス

モバイル通信は、M2Mに適した低価格のAINIX MOBILE 200Kbps定額サービスを使用しています。また、管理者へのメールサービスは、登録者5人まで月額3,000円です。

 

わなタグ システム構成

  

中継ボックス
中継器
加速度センサー監視タグ
加速度センサーRF監視タグ
赤外線センサー監視タグ
赤外線センサーRF監視タグ

 設置例

中継器

民家の近くに中継器を設置する場合は、AC100Vを使用することにより安定的な運用が可能です。日照が少ない山林や降雪地域では、バッテリ運用になりますので電源制御が有効です。

 囲い罠 中継ボックス
バッテリ駆動の中継器
中継器02 
AC100V供給の中継器

 加速度センサーRF監視タグ

加速度センサーRF監視タグは、くくり罠や箱罠に使用します。くくり罠では、杭や木に近い部分のワイヤに取り付け、害獣による損傷を最小化します。箱罠では、上部に取り付けますが、害獣による損傷を防ぐためにRFタグと檻の間に保護板を挟みます。

箱罠 加速度センサー監視タグ
箱罠に加速度センサーRF監視タグを設置
くくり罠 加速度センサー監視タグ
くくり罠に加速度センサーRF監視タグを設置

赤外線センサーRF監視タグ

赤外線センサーRF監視タグは、箱罠や囲い罠に使用します。箱罠では、加速センサーと同様に上部に取り付け、害獣による損傷を防ぐためにRFタグと檻の間に保護板を挟みます。囲い罠では、罠の中が覗ける部分に設置します。RFタグが風で揺れるとセンサーが動作しますのでしっかり固定します。

 箱罠 赤外線センサ監視タグ
箱罠に赤外線センサーRF監視タグを設置
囲い罠 赤外線センサー監視タグ
囲い罠に赤外線センサーRF監視タグを設置

 

中継器

IoT 無線仕様
無線規格 920MHz 特定小電力無線(ARIBSTD-T108準拠)
周波数帯 920.6~923.4MHz、200kHzステップ、15チャンネル
通信方式 スペクトラム拡散
送信出力 10mW
通信距離 1Km以上(環境に依存)
通信速度 1,250 bps
アンテナ 内蔵ポールアンテナ
M2M仕様
CPU ARM Cortex A8 core MCIMX535DVV1C、1GHz
OS Linuxカーネル 2.6.35
モバイル通信 Docomo HSCPA/HSUPA 800/1900/2100 MHz
通信サービス AINIX MOBILE 200KBPS 定額
外部アンテナ 3.5G 内蔵ポールアンテナ
有線LAN 10/100 Base T、RJ45
USB USB 2.0 High Speed、Dual Dock Type A
RS232C D-Sub 15 pin
電気、機械、環境仕様
電源 密閉型サイクルバッテリ 12V/12Ah
または、AC100V
動作温度 -10℃~+45℃(バッテリ駆動のとき)
防塵・防滴 IP65
外形寸法 190mm(W)×280mm(L)×141mm(H)
   

 

 加速度センサ付RF監視タグ

無線仕様
無線規格 920MHz 特定小電力無線(ARIBSTD-T108準拠)
周波数帯 920.6~923.4MHz、200kHzステップ、15チャンネル
通信方式 スペクトラム拡散
送信出力 10mW
通信距離 1Km以上(環境に依存)
通信速度 1,250 bps
アンテナ 内蔵リードアンテナ
 センサー仕様
加速度検知範囲 1G~4G
検知閾値 1.5G
検知分解能 2mG (12bit)
最小検知間隔 0.5秒
電気、機械、環境仕様 
バッテリ 単三乾電池 2本
動作時間 3ヵ月以上
動作温度 アルカリ電池 (+5℃~+45℃)
リチウム電池 (-20℃~+60℃)
防塵・防滴 IP65
外形寸法 146mm(L) × 88mm(W) × 25mm(H)
重 量 約240g(バッテリ含む)

 

赤外線センサー付RF監視タグ

無線仕様
無線規格 920MHz 特定小電力無線(ARIBSTD-T108準拠)
周波数帯 920.6~923.4MHz、200kHzステップ、15チャンネル
通信方式 スペクトラム拡散
送信出力 10mW
通信距離 1Km以上(環境に依存)
通信速度 1,250 bps
アンテナ 内蔵リードアンテナ
 センサー仕様
赤外線センサ 焦電型
検出距離 12 m
検出角度 垂直方向 ±46°
水平方向 ±51°
検出ゾーン 92本
電気、機械、環境仕様 
バッテリ 単三乾電池 2本
動作時間 3ヵ月以上
動作温度 アルカリ電池 (+5℃~+45℃)
リチウム電池 (-20℃~+60℃)
防塵・防滴 IP65
外形寸法 146mm(L) × 88mm(W) × 25mm(H)
重 量 約240g(バッテリ含む)

型名および価格は、弊社営業にお問い合わせください。

製品アイコンのご説明
レーザスキャナ有線LAN
1Dイメージャ無線LAN
2DイメージャBluetooth
HF帯RFIDNFC
UHF帯RFID無線通信
RFIDWindows
OCRAndroid
カメラiOS
GPS防塵・防滴
電子ペーパー高耐久性
生体認証氷点下動作
音声長期無償保証
3.5G / LTE