バーコードリーダの原理

 

バーコードリーダとは、バーコードを光学的に検知し、そのバーとスペースのパターンを解析することによって、特定のキャラクタに変換するための装置である。バーコードリーダは、何らかの光源と光センサーを持ち、また、バーコードをスキャン(走査)する仕組みをもっている。光センサーの出力は、微弱なアナログ信号であるのでそれを増幅し、ある基準の閾値(スレッシュホルド)によりデジタル化(2値化)する。反射率の高いスペースは“0”、反射率の低いバーは“1”とするデジタル信号の変換し、メモリーに記録する。そして、そのパターンを解読し、様々なインターフェースによりデータ出力する。そして、バーコードリーダは、これを実現するために、光源部、スキャニング部、受光部、信号増幅部、デジタル変換部、デコード部、インターフェース部により構成されている。

image001
バーコードの信号処理

image002
バーコードリーダの構造

 

 

関連製品

  • 汎用2次元イメージャ

    A670

  • 業務用2次元ポケットスキャナ

    MT1227L

  • ウェアラブル リングスキャナ

    GSR-1000BT