バーコード品質判定の改定

概要

バーコード印刷品質は、ISO/IEC 15416やJIS -X-0520によって規定されているように、A、B、C、D、Fのグレード(等級)で評価される。ISO/IEC 15416は、2016年の改定で、グレードを算定する方法が、従来の5段階グレーディングから連続グレーディングに変更され、品質グレードがより実際に近い評価になった。

シンボル総合グレードは、シンボルコントラスト、モジュレーション、デコーダビリティ、欠陥(ディフェクト)などのパラメータ毎にグレードを算出し、それらを集計・計算して総合的なシンボルグレード判定をする。従来は、各パラメータのグレードは、4、3、2、1、0の5段階で判定していたので、誤差が大きくなっていた。2016年の改定では、グレードとグレードの間を均等に10分割して小数点1位まで判定することになった。これにより各パラメータのグレード判定の精度が向上した。したがって、総合的なシンボルグレードは、従来どおり5段階であるが、その精度は従来より高くなった。

また、2016年の改定では、欠陥についても修正が加えられました。欠陥は、バーまたはスペース内の反射率の変化で、しきい値付近の変動では「山」または「谷」として交互に認識され、それらの1つとして見られない場合、意図しない結果につながる可能性がある。したがって、この改訂では、「山」または「谷」のサイズに「重み」を割り当てる式を導入した。

バーコード印刷品質の評価基準

ISO/IEC 15416:2000

2000年に発行したISO/IEC 15416では、表1のようにグレード判定は、5段階になっている。グレード判定が一つ上のグレードに近い場合でも、元のグレードになるので、実際のグレードとの差が大きかった。

ISO15416 2000年版

ISO/IEC 15416:2016

2016年に改定されたISO/IEC 15416では、表2のようにシンボルコントラスト、モジュレーション、デコードビリティ、欠陥については、小数点1位まで判定するように改定された。これにより従来の5段階判定から51段階の判定になったことにより、より正確な判定が行うことができる。

ISO15416 2016年版

2000年版と2016版の比較

ISO/IEC 15416の2000年版と2016年版を比較した。例えば、従来のグレード2(C)は、2.0~2.9まで細分化され、2.0~2.4はグレードCに、2.5~2.9はグレードBに判定される。

ISO15416 2000年版と2016年版の比較

 グレードの上限にある場合

例えば、10回のスキャンすべてでシンボルコントラストの測定値が55%をわずかに下回り、グレード2 の範囲(40~55%)の上限の53.5%にある場合、従来の判定では、10回のスキャンすべてで2.0になった。改訂版では、これらは10回のスキャンすべてで2.9と評価され、全体の評価は3.0とほぼ同じ2.9になる。この数値グレードの評価は、2.5よりも高いため3になる。この例では、バーコードに与えられたグレードは、従来の判定と比較して著しく異なる。

グレードの下限にある場合

例えば、10回のスキャンのすべてでシンボルコントラストの測定値が40%よりわずかに高く、グレード2の範囲内(40~55%)にあるが、下限の41.5%にある場合、従来の判定では、10回のスキャンすべてで2.0になった。 改訂版では、これらは10個のスキャンすべてについて2またはおそらく2.1と評価され、全体的な評価は同様になる。 この例では、バーコードに与えられたグレードは、従来の判定と近似している。また、アプリケーション標準で設定されている最小値である1.5よりもはるかに高いことも重要である。 

グレードの中間にある場合

例えば、10回のスキャンすべてでシンボルコントラストの測定値が従来のグレード2のほぼ中央である47.5%にある場合、従来の判定ではこれらのスキャンはすべて2として評価され、平均グレードは2になった。改定版では、これらのスキャンは2.5に評価され、平均グレードは2.5になる。この例では、グレードレベルの中間にあると判定される。

グレードの線上にある場合

例えば、シンボルコントラストの測定値が約40%である場合、グレード1と2の境界になる。この場合、測定許容誤差によりスキャンの一部は40%未満で測定され、一部は 40%以上で測定される。平均グレードは、1および2のグレードが得られたスキャンの数に依存する。実際には、1から2の間のあらゆるグレードの平均値で、1.5に近い値が予想される。 これは、スキャンの半分がグレード1で、半分がグレード2の場合に発生する。また、これは、スキャンの半分がグレード1の範囲の下限のグレード1とグレード 2の範囲の上限のグレード2の平均グレードと区別する方法がない。改定版では、グレード2.0(またはおそらく1.9または2.1)のグレードが最も可能性が高く、継続的なグレーディングの利点である。

 

欠陥判定の修正

欠陥は、バーコードエレメントの不均一性として定義され、バーまたはスペース内の反射率の変化として測定される。エレメントは、スキャンプロファイルが反射しきい値を超えて遷移する境界で始まるため、図が示すように不均一性は「山」または「谷」で表される部分が影響する。バーまたはスペース内の反射率の変化で、しきい値付近の変動では「山」または「谷」として交互に認識され、それらの1つとして見られない場合、意図しない結果につながる可能性がある。したがって、「山」または「谷」のサイズに「重み」を割り当てる式を導入した。

非常にわずかな山と谷の重みは非常に小さく、欠陥測定への影響は大幅に削減されます。ただし、シンボルコントラストの7.5%以上の山は完全に重み付をする。特に、比較的正常な欠陥、特にキャリブレーションされた適合性テストカードで見つかった欠陥は完全に重み付けされるため、この変更によって修正されない。フレキソ印刷の「ハロー」によって生じることがある要素境界付近の小さな変動は、この変更によって軽減される可能性がある。最も注目すべきは、エレメント不均一性の小さな変動がエレメント境界の近くで発生するとき、この小さな変動によって生じる欠陥測定への影響が小さくなる。

下図の左端の例は、この変更の影響を受けるケースである。 欠陥が調整値 0.075より小さい場合、欠陥は減少する。

 ISO15416 欠陥

 

 

関連製品