GS1 Databar

概要

RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年に国際自動認識協会AIMIのITS規格になり、2006年にISO/IEC 24724で規格化された。そして、2007年、GS1 Databarに改名された。従来のバーコードは、シンボルキャラクタとエンコードキャラクタが1対1で対応していたが、GS1 Databarでは、データが圧縮されているので、少ないモジュール数で多くの情報を表わせるようになっている。

GS1 Databarシンボルには、GS1 Databar Family、GS1 Databar Limited、GS1 Databar Expandedの3種類のシンボルがある。また、GS1 Databar Familyには、GS1 Databar Omni-directional(標準型)、Databar Stacked(二層型)、Databar Truncated(高さ制限型)、Databar Stacked Omni-directional(標準二層型)の4種類のバリエーションがある。これは、高さ方向の印字スペースのない商品、印字幅のない商品、オムニスキャナでの読み取りが想定できる商品など、様々のアプリケーションに対応できるように工夫したものである。

GS1は、EAN-13/8やUPC-A/Eが大きくてマーキングできない果実、文具、化粧品、医薬品、医療材料にGS1 Databarの利用を提案している。また、GS1-128より小さくできることから、食肉のトレーサビリティ、クーポン、販売期限管理等への利用を提案している。そして、将来、GS1 Databarの読取環境が広く整えば、汎用商品においても利用されるだろうと考えている。。

特長

  1. キャラクタ セットは、数字(0から9)で、アプリケーション識別子01と国際取引商品コードGTIN14桁をエンコードすることができます。
  2. シンボルの構成は、左から1モジュールのスペースと1モジュールのバーのレフト ガード、16モジュールの第1データ キャラクタ、15モジュールのレフト ファインダ、15モジュールの第2データ キャラクタ、15モジュールの第4データ キャラクタ、15モジュールのライト ファインダ、16モジュールの第3データ キャラクタおよび1モジュールのスペースと1モジュールのバーのライト ガードで構成されています。
  3. キャラクタ間にスペースが入らないコンティニアス型です。
  4. シンボルのタイプには、標準、Truncated、StackedおよびStacked Omnidirectionalがあり、2段シンボルは、標準の第2、4データ キャラクタ間で段を区切り、2段に重ね、シンボルの幅を小さくしたものです。
  5. 段間は、1行または3行のセパレータ パターンが付加され、上段のライト ガードは1モジュールのバーと1モジュールのスペース、下段のレフト ガードは1モジュールのバーと1モジュールのスペースとなります。
  6. キャラクタ間にスペースが入らない連続型です。
  7. 自己チェック機能が有ります。
  8. エラーの発見には、mod 79チェックサムが使用され、左右のファインダで示されます。

寸法

  1. 最小モジュール幅は、0.25mmです。(医薬品業界では、0.17mmです。)
  2. モジュールの高さは、 モジュール幅の33倍以上です。
  3. 最小シンボルサイズは、5.6mm(H)×16.3mm(L)です。
  4. クワイエットゾーンは不要です。

RSS-14
GS1 Databar

RSS-14 Stacked
GS1 Databar Stacked

RSS-14 Stacked omni-directional
GS1 Databar Stacked omni-directional

 

 

関連製品

  • 高性能CCDスキャナ

    MT8015W

  • 汎用リニアイメージャ

    F560

  • 高性能リニアイメージャ

    F680