MSI Code

概要

MSI Codeは、米国MSI Data Corporation社が開発したバーコードで、パルス幅変調 (PWM)によりコード化している。バーがスペースより広い場合は1ビットとし、バーがスペースより狭い場合は0ビットとする。米国では、商品棚にマーキングしハンドヘルドターミナルによる補充発注等に使用されている。

特長

  1. キャラクタ セットは、数字(0から9)。<br />スタートコード、14桁までのデータと1桁のチェックデジット、ストップコードで構成されます。
  2. シンボルキャラクタは、バーから始まる4本のバーと4本のスペースで構成されています。また、二値幅型シンボルで、キャラクタ間ギャップのない連続型シンボルです。
  3. スタート コードは、BCD値1ビットの"10"、ストップコード(リバーススタートコード)は、BCD値0ビットの"010"です。但し、"0"は細バーまたは細スペース、"1"は太バーまたは太スペースです。
  4. シンボルチェックデジットは、MSIチェックデジット(モジュロ10ウェイト2)を使用します。

寸法

  1. 最小エレメント幅(X)は、0.20mmです。
  2. 細太エレメント比は、1:2以上です。
  3. クワイエットゾーンの最小値は、6.35mm以上です。
  4. エレメントの高さの最小値は、7.6mmです。

 

MSI

関連製品

  • 業務用タッチモバイルコンピュータ

    EF400

  • 業務用タッチモバイルコンピュータ

    EF500

  • 業務用タブレットコンピュータ

    RT100