Matrix 2 of 5

 

マトリックス(Matrix) 2 of 5は、オランダのニーフ(Nieaf)社によって開発されたバーコードシンボルで、Code11やCode 2 of 5のバリエーションである。マトリックス2 of 5は、インターリーブド2 of 5のようにスペースもコード化しているが、その仕組みはCodabar(NW-7)やCode39のようにバーとスペースを交互にコード化する方法を採用している。キャラクタの構成は、その名前のとおり5本のバーまたはスペースで構成され、2本は太バーまたは太スペースになっている。マトリックス2 of 5は、インターリーブド2 of 5と同程度の印字密度がある。

特長

  1. キャラクタ セットは、数字(0から9)です。
  2. シンボルキャラクタは、3本のバーとそれに挟まれた2本のスペースで構成され、内2本が太いバーあるいは太いスペースです。キャラクタ間にスペースが入る分離型です。
  3. スタート コードは"10000"、ストップ コードは"10000"です。但し、"0"は細バーまたは細スペース、"1"は太バーまたは太スペースです。
  4. 自己チェック機能が有ります。
  5. 定まったチェックデジットは、特にありません。使用する場合は7DR、7DSR、9DR、9DSR、モジュロ10/ウェイト2、モジュロ10/ウェイト3、モジュロ11、加重モジュロ11が使用できます。通常はモジュロ10/ウェイト3を使用します。

寸法

  1. 最小エレメント幅(X)は、規格では0.191mmです。
  2. 細太エレメント比は、規格ではX<=0.508mmのとき1:2.2から3.0が好ましいとされています。
  3. クワイエットゾーンの最小値は、10Xまたは2.54mmの大きい方の値です。手動走査の場合、6.35mm以上が好ましいとされています。
  4. エレメントの高さの最小値は、5mmまたはシンボル全長の15%の大きい方の値です。

 

Matrix 2 of 5

関連製品

  • 高性能CCDスキャナ

    MT8015W

  • 汎用リニアイメージャ

    F560

  • 高性能リニアイメージャ

    F680