PDF417

概要

PDF417は、1989年、シンボルテクノロジー社(現、モトローラ社)によって開発されたマルチロー(スタック)型の二次元シンボルである。PDF417は、情報量を同じスタック型の二次元シンボルCode49の約30倍以上にし、ASCII文字や数字の他にバイナリーも情報化できるようにした。そして、最大情報量は、英数字で1,850字、数字で2,725桁、バイナリーで1,108バイトの大容量シンボルを実現し、更に、大容量データを複数のシンボルに分割してエンコードするマクロPDF417も同時に発表した。このように大容量データに対応したことから、ポータブルデータファイルの頭文字を取ってPDFと名付け、4バー4スペースの17モジュールのモジュール構成からPDF417と名付けられている。

PDF417は、国際標準物流ラベルISO15394では、EDIデータの標準シンボルに採用されている。また、出荷明細書、品質管理、生産指示、IDカード、免許証等、情報を多く必要とする用途で広く使用されてる。また、米国では、電子郵便切手としても使用されている。

特長

  1. 最大情報量は、英数字1850字、数字2710桁、1108バイトと大きく、高密度に圧縮してコード化できます。また、ASCIIデータやバイナリ データがコード化できることから、漢字、図形、画像、音声等もコード化できます。
  2. シンボルは、最小で3段、最大で90段からなる連続多段型(スタック型)で、各段は、スタート、ストップ パターン、左右の段インジケータ、ならびに1個から30個のシンボル キャラクタから構成されます。
  3. シンボルの段数、段の幅は可変で、段数は最小3段、最大90段、幅は最小1シンボル キャラクタ、最大30シンボル キャラクタの範囲で選択可能です。このシンボルの縦横比を、シンボル アスペクト レシオ(比)といいます。
  4. トランケーションモードでは、シンボルサイズを小さくするために、ストップキャラクタを省略することができます。
  5. コード化されるシンボル キャラクタは、基本単位であるコードワードと呼ばれ、その総数は928個を超えることはできません。また、テキストは2文字で約1コードワード、バイナリ データは、1バイトで約1コードワード、漢字等2バイト系文字は、1文字で約2コードワード、数字3桁で約1コードワードに変換されます。ただし、内部で複雑なコード変換を行っており、さらにモード変換コードワードも加えられますので、データ用コードワードの算出には余裕が必要です。
  6. 情報量の増加に伴い、エラー検出能力ばかりでなく、修正能力も重要となります。シミ、汚れ等が、発生した場合でも確実に正しく読み取るためには、エラー修正能力が極めて重要で、PDF417ではシンボル キャラクタにエラー訂正コードワードを加えることができ、データの欠けや誤りを訂正することができます。最低2個のエラー訂正コードワードが必要で、最大510個まで追加することができます。これをセキュリティ レベルといい、使用される環境に応じて0~8の9レベルから設定します。一般的な環境では、情報量の10%以上のエラー修正能力が必要です。
  7. 1個のシンボル キャラクタは、4個ずつのバー及びスペースの配列されたモジュール17個で構成されます。PDF417では929個のパターンが定義され、コードワード値を当てはめます。

寸法

  1. 最少モジュール幅(X)は、USS-PDF417の規格では、0.191mmです。
  2. 最少モジュール高さは、0.254mmですが、一般的に3X以上を推奨しています。
  3. クワイエットゾーンの最小値は上下左右共2Xです。

 

PDF417

関連製品

  • 卓上型バーコードプリンタ

    B-EV4D/T

  • 産業用熱転写式バーコードプリンタ

    B-SA4TM

  • 2インチ/4インチ幅ポータブルプリンタ

    B-EP2DL/EP4DL