DataMatrix (DataCode)

概要

DataMatrixは、アイディマトリックス社が、1987年に開発したマトリックス型の二次元シンボルで、日本では、データコードと呼ばれている。ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140バージョンと1995年に誤り訂正方式をリードソロモンに変更し、歪み補正機能を付加したECC200バージョンがある。何れもL字型のアライメントが特徴で、その反対側にL字型にクロックがマーキングされている。そして、L字型のアライメントとL字型のクロックの中がデータ領域で、セルと呼ばれる点でコード化されている。

DataMatrixは、1996年AIMIのISS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっている。非常に高い情報化密度があることから、米国半導体工業会(SEMI)や米国電子工業会(EIA)、米国規格協会(ANSI)で部品のマーキングに採用されている。

特長

  1. DataMatrix ECC000-140は、セルサイズが 9×9 から49×49のシンボルで、必ず奇数のセルになっています。エラー訂正レベルは、ECC000が0%、ECC050が2.8%、ECC080が5.5%、ECC100が12.6%、ECC140が25%です。DataMatrix ECC000-140をサポートしているリーダが少ないので、一つの企業や団体の中でマーキングと読み取りが行われるような限定したアプリケーションにのみ使用されるべきです。
  2. DataMatrix ECC200は、大容量シンボルに対応できるように改良した二次元コードです。最大情報量は、英数字で2,335字、数字で3,116桁、バイナリーで1,556バイトです。
  3. ECC200の誤り訂正レベルは、28%から62.5%までシンボルサイズによって異なり、シンボルが小さくなるほどレベルは高くなります。
  4. ECC200のセルサイズは、10×10から144×144の24種類あり、必ず偶数セルになっています。そして、データセルが24×24以上(シンボルサイズ26×26セル以上)になった場合、シンボルを分割し1ブロックは24×24セル以上にならないようにしています。シンボルの分割パターンは、32×32から52×52までが4分割、64×64から104×104までが16分割、そして、120×120から144×144までが36分割になっています。

寸法

  1. 最小セルサイズは、プリンタ ドットの3ドット以上が推奨されています。イメージリーダは、1セルを認識するために少なくとも3×3画素必要なので、これを考慮して、セルサイズを決めます。
  2. クワイエットゾーンは、シンボルの上下左右に1セル以上必要です。

 

DataMatrix    DataMatrix 大容量    DataMatrix 長方形


関連製品

  • 汎用2次元イメージャ

    A670

  • メガピクセル2次元イメージャ

    DS4308

  • 高性能2次元イメージャ

    Xenon 1900g