バーコードの種類と特長

 

現存している一次元シンボルの中でもっとも古いシンボルは、Code 2 of 5であり、スタンダードCode 2 of 5、インダスリアルCode 2 of 5、ディスクリート2 of 5とも呼ばれている。シンボルキャラクタは、5本のバーで構成され、そのうち2本を太バーにすることによりセルフチェックを行っている。

Code 2 of 5のスペースを利用して情報化密度を高くするように工夫したシンボルが、インターリーブド 2 of 5マトリックス2 of 5である。インターリーブド2 of 5は、バーのシンボルキャラクタとスペースのシンボルキャラクタを交互に組み合わせている。マトリックス 2 of 5は、バーとスペースを使用してシンボルキャラクタを構成している。

Code11もCode 2 of 5と同じ3バー2スペースであるが、細、中、太の幅のエレメントを組み合わせて高密度化を図っている。また、MSI/Plessyは、4バー4スペースでの連続型により高密度化を図っている。

Codabar(NW-7)では、シンボルキャラクタを4本のバーと3本のスペースで構成している。エレメント数は5本から7本にしたことによって、表現できるキャラクタが数字のみから6種類の記号を使用できるようになった。セルフチェックのために2本が太バーになっている。

Code39は、英数字が利用できるようにシンボルキャラクタを5本のバーと4本のスペースの9本のエレメントで構成し、セルフチェックのために3本が太バーになっている。

UPCJAN/EANは、シンボルキャラクタを2バー、2スペースで構成し、4段階に多値幅化することにより、シンボルサイズを大幅に縮小した。

Code93は、英数字が使用できる高密度シンボルとして開発された。3本のバーと3本のスペースで構成し、バー幅を4段階に多値幅化した。また、シフトコードと組み合わせることによりアスキーキャラクタ128文字を表すこともできる。

Code128は、3本のバーと3本のスペースで構成し、バー幅を4段階に多値化してコード化することにより、アスキーキャラクタ128文字を表現できるようにした。数字のみ、英数字と制御記号、数字と大小英字のコードセットを用意し、情報化密度を高める工夫も行われている。

GS1 Databarは、二次元シンボルの技術を導入した一次元シンボルであり、1つのシンボルキャラクタに複数のデータを圧縮してコード化し省スペース化を図っている。また、原則的にクワイエットゾーンを必要としないが、GS1 Databar Limitedに限り右端に5モジュールのクワイエットゾーンを必要としている。GS1 Databar Stackedは、一次元シンボルでありながら2段構成になっている。

 

 

関連製品

  • バーコードシートリーダ

    SR-11/12/21/22

  • 検印プリンタ搭載シートリーダ

    AX210

  • 固定型リニアイメージャ

    FM480