バーコードイメージをパソコンで解読、2次元シンボルに対応

バーコード読取ソフトウェア

ImageStar V2.0

イメージスキャナで取得したバーコードイメージをパソコンでデコードし、データを出力します。 また、イメージスキャナで読み取ったイメージファイル名は、意味のないユニークな番号になっていますので、文書検索が困難です。そこで、生産指示番号、製品番号、注文番号、文書番号等を予めバーコード印刷しておくことにより、そのデータ名でファイル保存することができます。

Windows 7/8/8.1/10

Windows
オンラインでのご購入または見積りはこちらから

特長

主なバーコードを読み取り

JAN、ITF、Codabar(NW-7)、Code39、Code128、GS1-128の読取が可能で、バーコードサイズの制限はありません。バーコードの読取範囲は、画面で指定するだけで、複数のエリアを指定することができます。

ImageStar 読取枠設定

2次元シンボルをサポート

QRCodeやDataMatrixの2次元シンボル読取に対応しています。QRCodeは、16個までの連結QRCodeの読取が可能ですが、最大容量は4,096バイトまでです。

ImageStar 連結QR

イメージスキャナで読み取り

TWAINインタフェースに対応していれば、どのメーカのイメージスキャナでも使用できます。また、自動給紙機能付のイメージスキャナを使用すれば、連続読取により大幅な省力化を図ることができます。

優れたデコード機能

読取枠は、ドキュメント上に複数設定できますので、ドキュメント上に複数配置されたバーコードを同時に読み取りできます。また、読取枠の設定では、読取範囲の他にシンボルの種類、読取方向、読取回数等を個々に設定できますので、様々なバーコードに組み合わせを同時に読み取ることができます。連結QRCodeは、それぞれのQRCodeに読取枠を設定します。

ImageStar シンボル設定 ImageStar シンボル設定

高い読取率

ImageStarは、読取枠を全ラインスキャンしていますので、シンボルに傷や汚れがあっても極めて高い読取率を実現します。また、読取速度を早くしたい場合は、読取ラインを中心から±1ラインに設定することもできます。

イメージファイルの一括読取、データ出力

ImageStarは、予め取得したBITMAP、JPEG、TIFF形式画像ファイルを連続的に読み取ることもできます。ImageStarの出力データは、テキスト形式またはCSV形式ですので、アプリケーションに簡単に取り込むことができます。読取データの保存は、上書き保存する方法と追加保存する 方法が選択できます。

ImageStar 出力設定 ImageStar 出力設定

画像ファイルのリネーム

画像の保存ファイル名は、バーコードデータをファイル名にする方法とファイル名を指定する方法が選択できます。ファイル名を指定した場合、日付と連続番号を自動的に付加することもできます。

ImageStar 機能概要

アプリケーションへの組込み

アプリケーションに組み込む場合は、ImageStar DLL V2.0をご使用ください。

 

ImageStar パッケージ

主な機能

シンボル識別子の付加機能

ISO/IEC 15424に規定されたシンボル識別子をデータの先頭に付加できますので、読み取ったバーコードの種類を識別できます。

リトライ方法の選択機能

1次元シンボルは、1回目のスキャンで読み取れなかった場合、リトライ方法として、シンボル全体をスキャンする方法と、中央から±1ラインをスキャンする方法が選択できます。

チェックデジットの削除機能

JAN、Interleaved 2 of 5、Codabar(NW7)、Code39は、チェックデジット出力の有無を選択できます。

Interleaved 2 of 5の桁数限定機能

Interleaved 2 of 5は、誤読率を少なくするために読取桁数の指定が必要です。そこで、4種類の桁数を設定することができます。

Codabar(NW7)のチェックデジット選択機能

モジュラス10ウェイト3、モジュラス10ウェイト2、モジュラス11、モジュラス16、7DR、7DSR、9DR、9DSRのチェックが可能です。

連結QRCodeの読取機能

16個までの連結QRCodeの読取が可能ですが、最大容量は4,096バイトまでです。

ライセンス、保守サポート

ライセンス 

  • ImageStar V2.0は、スタンドアロンまたはクライアント用のソフトウェアですので、サーバでの使用はできません。
  • サーバで使用される場合は、ImageStar JavaまたはImageStar DLLをご使用ください。

テクニカルサポートサービス

製品に関する問い合わせ、リビジョンアップ、バージョンアップの情報提供等の年間テクニカルサポートサービスをご用意しています。リビジョンアップは、無償ですが、バージョンアップ費用は、別途必要です。

テクニカルサポートサービス料金は、製品数や使用数に関係なく、ご契約者様一人につき年間 38,000円(税別)です。尚、次年度以降、ご契約者様よりご連絡が無い場合、当該契約は自動更新となります。テクニカルサポート規約をご確認の上、テクニカルサポート申込書をお送りください。

バージョンアップサービス

V1.1ご登録ユーザ様を対象としたV2.0へのバージョンアップサービスです。お申し込みはこちらのサイトから該当する「バージョンアップ申込書」をご記入の上お送りください。

仕様

 

読取可能シンボル Code39(Standard、Full ASCII)
JAN/EAN(13桁JIS標準、8桁JIS短縮)
Interleaved 2 of 5(Standard、ITF14桁JIS標準、ITF16桁JIS拡張、ITF6桁JISアドオン)
Codabar(NW-7)
Code128、GS1-128
QRCode(連結QRCode対応)
DataMatrix(ECC200)
対応画像形式 BITMAP、JPEG、TIFF
対応OS

Microsoft Windows 7日本語版(32bit / 64bit版)
Microsoft Windows 8日本語版(32bit / 64bit版)
Microsoft Windows 8.1日本語版(32bit / 64bit版)
Microsoft Windows 10日本語版(32bit / 64bit版)

※64bit版はWOW64で動作します。

購入先

本製品は、Amazonアイニックスストア、Yahooアイニックスストア、楽天アイニックスオンラインショップでご購入ください。

品 名 型 番 標準価格(税別) ネット価格(税別)

ImageStar V2.0(1ライセンス)

1次元+2次元、
JANコード 4530825 002553

ISW200JA ¥100,000 ¥80,000

ImageStar V2.0(5ライセンス)

1次元+2次元、
JANコード 4530825 002560

ISW200JB ¥350,000 ¥315,000

ImageStar V2.0(10ライセンス)

1次元+2次元、
JANコード 4530825 002577

ISW200JC ¥600,000 ¥540,000

ImageStar V2.0(25ライセンス)

1次元+2次元、
JANコード 4530825 002584

ISW200JD ¥1,250,000 ¥1,125,000

ImageStar V2.0 バージョンアップ

ImageStarV1.1(1ライセンス)から

ISW200JA-VUP ¥40,000 お問合せ下さい

年間テクニカルサポートサービス

サポートBCSOFT ¥38,000 ¥38,000
製品アイコンのご説明
レーザスキャナ有線LAN
1Dイメージャ無線LAN
2DイメージャBluetooth
HF帯RFIDNFC
UHF帯RFID無線通信
RFIDWindows
OCRAndroid
カメラiOS
GPS防塵・防滴
電子ペーパー高耐久性
生体認証氷点下動作
音声長期無償保証
3.5G / LTEZigBee