バーコード認証により医療過誤を防止

三点認証システム

三点認証 PatientSafty-Check

医療行為において、対象者(患者)、実施者(医師・看護師)、対象物(薬剤、輸液等)の三点を実施前に確認することは、医療過誤防止に有効です。PS-Check(PatientSafty-Check)は、バーコードにより認証精度を高めると共に、実施履歴を保存することができます。

1Dイメージャ 2Dイメージャ RFID OCR NFC Windows Android
オンラインでのご購入または見積りはこちらから

特長

医療過誤防止

患者と薬剤・輸液をバーコードで認証することにより。医療過誤を防止できます。

投薬履歴管理

患者、看護士、薬剤・輸液の実施履歴を保存し、管理することができます。

看護端末 Androidモバイル端末

モバイル端末 EF400を標準として、コンパクトな4インチ画面で2次元コードの読取可能な高性能な機能を搭載

また、キーボード付きなどAndroid端末への対応

オーダシステム、電子カルテシステム連携

オーダシステムから指示をインポートし、実施履歴を電子カルテシステムにエクスポートできます。
※上位システムとの連携が導入前提条件になっております。

カスタマイズ

柔軟なカスタマイズ対応を実施します。豊富な導入経験を有し、院内物流含め、システムのカスタマイズ対応をいたします。
しかも、1台づつインストールする必要がなく、アプリケーションをダウンロードするだけで更新できます。

簡単にリストバンドを発行(オプション) 

汎用レーザプリンタで印刷できるLaserBand、サーマルプリンタZ-BAND Fusionまたは、Z-BAND Ultarsoftが使用できます。
リストバンド印刷ソフトカスタマイズや汎用ソフト「かんたんリストバンド」との連携で実現します。

 

主な運用機能

1.電子カルテ、オーダーエントリーシステムとのデータ連携

患者、看護師、薬剤・輸液をバーコードで認証するため、事前に患者リストバンド・看護師IDカード・薬剤・輸液のバーコードを準備します。患者リストバンドは、SaftyPlusを使用して印刷します。

 

2.指示受付、薬剤準備

医師の処方(オーダ)を事前確認し、薬剤・輸液などの準備を行った後に、指示受付の実施を行います。これで三点認証を行う準備が整います。

 

3.患者と看護師の認証

対象の患者と、処置を行う担当の看護師の認証を行います。

 

4.処置内容の確認と準備

一覧から内容を選択すると処置内容が確認できますので、処置準備を行います。

 

5.認証実施

処置を行う前に、対象患者と薬剤・輸液などの認証を行います。 認証エラー時は、実施登録を行うことが出来ません。認証がOKの場合は実施登録を行います。 実施内容は開始・終了・中止の情報を登録することが出来ます。

 

6.リストバンド印刷(オプション)

患者、看護師、薬剤・輸液をバーコードで認証するため、事前に患者リストバンド・看護師IDカード・薬剤・輸液のバーコードを準備します。患者リストバンドは、SaftyPlusを使用して印刷します。

 

システム構成

 

三点認証ソフトウェアは、PS-Checkシステムと認証用モバイル端末で構成されています。リストバンドプリンタは、東芝テックの感熱式バーコードプリンタB-EV4Dを使用しています。また、認証用PDAは、ブルーバード製のEF400、ゼブラテクノロジーズのTC20などを使用します。

 

 

 

仕様

 

パソコン機能 PS-Checkサーバー
患者管理 ・病床患者管理機能
・患者リストバンド印刷機能(オプション)
指示受付、患者記録

・上位システム(電子カルテ)とのデータ連携
・オーダー指示受付、実施履歴管理

看護端末機能
患者管理 ・患者・スタッフ認証機能
・担当患者一覧表示機能
実施記録 ・オーダ一覧表示機能
・オーダ実施記録機能
認証 ・3点認証(患者・看護師・薬剤)
・認証条件設定機能

型名および価格は、弊社営業にお問い合わせください。

製品アイコンのご説明
レーザスキャナ有線LAN
1Dイメージャ無線LAN
2DイメージャBluetooth
HF帯RFIDNFC
UHF帯RFID無線通信
RFIDWindows
OCRAndroid
カメラiOS
GPS防塵・防滴
電子ペーパー高耐久性
生体認証氷点下動作
音声長期無償保証
3.5G / LTEZigBee