受入/品質管理

納品書やカンバンをバッチ処理で自動読取することにより、迅速で正確な受入データ入力が可能です。また、検査シートを自動読取することにより迅速で正確な集計が可能です。

資材受入

注文した部品、材料、ユニット等は、指定納品書、納品カード、カンバン等が添付されて入荷します。これらには、注文番号や製造番号などがバーコード化されていますので、これを読み取ることにより、受入処理が完了し、生産計画に引当られます。この受入処理を人が一枚ずつ行うのは、大変非効率です。
バーコードシートリーダは、これらのドキュメントのバーコードを自動的に読取しますので、短時間での処理が可能です。また、受入した資材を生産現場毎に仕分けしたい場合は、ソータ付シートリーダが便利です。読み取れなかったドキュメントは、未処理トレイに格納されますので、読取トレイに戻して再読取するか、手動で読取します。

検査票管理

製品検査では、項目毎に試験が行われ、検査票に必要事項が記入されます。この検査票は、品質改善やトレーサビリティのために保管されますが、保管スペースの削減と迅速な検索のために、ドキュメントスキャナで読取しデジタル保存することが多くなっています。
帳票マスタは、ドキュメントスキャナで取り込んだ画像から文字を自動で読み取ることができますので、デジタルデータとして保存することができます。これにより、検査データの集計が正確かつ迅速になります。また、ドキュメントをイメージデータとしても保存できますので、デジタル化できなかったデータを素早く見ることもできます。文字は、手書文字とフォント文字に対応しています。

検査データ入力

検査データは、検査票に手書きするのが一般的でしたが、バーコードと音声認識を使用することにより効率化できます。タブレットに検査項目を表示し、検査者のネームカードと製品ラベルのバーコードを読み取ります。次に、検査項目のアナウンスに従い、検査結果を「OK」「NG」などの言葉や数値を発音します。検査結果は、プリンタで印刷し製品に添付します。検査がハンズフリーになりますので、迅速に行うことができます。

  • 農業機械部品の受入/出荷管理

    納品代行会社 導入事例

    納入先からの現品票をシートリーダとソータにより自動仕分けします。現品票にしたがってピッキングしながら、ハンディターミナルで現品票を読取、出荷進捗管理を行います。

  • 小型バーコードシートリーダ

    SR-2

    約250枚のバーコードシートを、最高140枚/分で高速読取できます。25cm×25cmの省スペース設計。最大用紙幅115mm

  • 医療用ファミリーリストバンド

    SR-11/12/21/22

    汎用レーザプリンタで印刷できるリストバンドです。母親用と乳児用のリストバンドがセットになっています。

  • ポリエステルラベルシート

    AX100

    汎用のレーザプリンタで印刷できるように基材を薄くし、トナーが付着し易いような表面処理をしました。

  • プリンタリボン/ラベル

    AX630

    各メーカ毎のラベル、リボンを用途に合わせた形で提案、提供いたします。

  • 帳票OCRソフト

    帳票マスタ

    高精度OCR機能に加え、認識結果の校正編集、出力、ファイリング、FAX入力など、OCRに関連する機能を協力にサポートした統合データエントリ開発・実行環境です。

  • 音声認識ソフトウェア

    Lydia

    ドイツで開発された多言語、不特定話者の音声認識ソフトウェアです。WindowsとAndtoidのモバイル端末で動作します。

  •  
  •