クラウドPOSシステム

iPhone、iPadを使用したクラウド型のPOSシステムは、初期投資金額を抑え、直ぐに僅か使用料で本格的なPOSシステムを導入できます。キヨスク、アパレル、飲食業、催事販売などに対応。

クラウドPOS

従来のPOSシステムは、ストアコンピュータと専用端末で構成されていましたので、大きな投資が必要でした。近年のPC-POSは、PCの活用によりハードウェア価格が大きく下がりましたが、販売管理ソフトウェアの投資金額は変わりませんでした。
クラウドPOS「スマレジ」は、スマホやタブレットをPOS端末に使用することにより初期投資を更に削減し、更に、販売管理ソフトウェアをクラウド化することにより、少ない費用で簡単に導入、わずかな月額費用で使用できます。また、キヨスク、アパレル、飲食業、催事販売などの小規模店舗から専門店やチェーンストアなどの大店舗、多店舗まで幅広く使用できます。

オーダリングシステム

従来の飲食店では、専用端末を使用したオーダリングシステムと専用端末のPOSシステムを使用していましたので、その投資額は非常に大きなものになっていました。iPadやiPhoneを使用したオーダリングシステム「スマレジ・ウェイター」とクラウドPOSシステム「スマレジ」を使用することにより、安価な導入コストと僅かな月額使用料で、本格的な飲食店システムが実現します。
「スマレジ・ウェイター」は、ご注文を受けるとすぐに厨房やドリンクカウンタに指示伝票を発行します。しかも、どこに指示を送るか(伝票を出力するか)をメニューごとに設定できます。また、テーブルを合体してお会計する機能や飲み放題の設定、ランチとディナーのメニュー切替、コースメニューなど、お店の運営方法にあわせた柔軟な設定が可能です。また、「グラスの数はいくつ」「ネギ抜きで」など、メニューにはないお客様のちょっとしたご要望も簡単に対応できます。

値札ラベル発行

JANコードがないオリジナル商品は、自分で値札ラベルを発行して貼り付けなければなりません。小型ラベルプリンタ TD-2130NSAは、操作パネルとディスプレイを搭載したスタンドアロン型ですので、パソコンに接続せずにラベル発行ができます。10キーパネルは、テンプレート番号やデータベース番号を入力し、ラベルデータを呼び出してラベル発行できます。ワンタッチパネルは、ボタン一つでラベルデータを呼び出し、ラベル発行できます。

値下ラベル発行

タイムサービスで値下げする場合やバーゲンで値下げする場合は、値下げラベルを発行します。ハンディターミナルで元の値札のJANコードを読取、それに対応した値下げラベルのJANコードを検索して、モバイルプリンタで印刷します。生鮮品は、JANコードに価格データが入っていますので、新しい価格か、値引率をキーボードで入力し、値下げラベルを発行をします。

  • 店舗イメージにフィット

    (株)モンテール 導入事例

    スマレジは、スイーツを販売している直営店で使用されています。

  • 場所を取らないPOSシステム

    西川産業(株) 導入事例

    オーダーメイド枕を中心に扱う「PILLOWY cafe Luxe」など、様々な店舗でスマレジが使用されています。

  • クラウドPOSシステム

    スマレジ

    高機能POSレジを安価な初期費用と月額費用だけで使用できるクラウドサービスです。キオスク、アパレル、飲食業、催事販売など、幅広い業種に対応。

  • 飲食店用オーダエントリシステム

    スマレジ・ウェイター

    iPadやiPhone、iPod touchを高機能ハンディとしてご利用いただける飲食店用のオーダエントリシステムです。

  • ポケットスキャナ

    ARK-5000X

    ポケットサイズのリニアイメージャで、Bluetoothリーダ、蓄積型データコレクタとして使用できます。液晶画面のバーコード読取が可能。

  • 小型ラベルプリンタ

    TD-2130

    11.8ドット/mm(300dpi)、印字幅56mm。AC電源・バッテリで動作する2インチ幅の感熱式ラベルプリンダです。バーコードリーダを接続し、バーコードコピヤとしても最適。