遊技機個体管理

パチンコ台は、個体管理が必要です。QR Codeを使用して入庫、保管、出庫、売却/廃棄/店移動のプロセスで、「資産管理」「保管管理」「在庫管理」「廃棄管理」を行います。

稼動台状況管理(ホール)

ホールでは、稼動台に対する不正自主点検を確認するために、一定の頻度で状況を検証しなければなりません。そこで、不正自主点検管理システムは、個体情報QRコードを使用して、正確な点検履歴を管理します。また、稼動台台帳管理システムは、遊技機を登録、更新し、稼動台の指針設置個体情報を把握し、検証します。

倉庫管理(ホール)

ホールでは、稼働している遊技機がいつ店舗に設置し、いつ排出したかを管理しなければなりません。入出庫管理システムは、個体情報QRコードを使用して、正確な入出庫履歴を管理します。また、在庫管理システムは、店舗から排出する遊技機について、メーカ別、機種別で在庫一覧を作成し、店舗排出台の適正な在庫管理を行います。

保管管理(輸送・保管業者)

輸送・保管業者は、個体情報QRコードによる入出庫管理システムによって、店舗排出台の正確な入出庫管理を行うことができます。また、メーカ別/機種別保管一覧、メーカ別/機種別請求一覧により、店舗排出台の保管管理を行います。

出荷検品管理(メーカ)

遊技機メーカは、個体情報検証のためのQRコードラベルが、正確に貼付されているかを管理しなければなりません。個体情報管理システムは、同一重複貼付や誤貼付箇所をチェックします。また、出荷先管理システムは、個体情報QRコードによる現物管理により、誤出荷を防止します。

  • 遊技機リサイクル管理システム

    遊技機リサイクル協会 導入事例

    パチンコやスロットの排出台を指定リサイクル業者がバーコードで正確に管理し、分解した後、ユニットの再利用や資源として活用します。

  • 遊具点検管理システム

    地方自治体 導入事例

    子供が公園で安全に遊べるように、QR CodeまたはRFIDを使用して遊具の点検を行い、公園施設台帳のデータベース化を行います。

  • 遊技機個体管理システム

    P-POT

    P-POTとは、Pachinko-Point of Transportationの意味で、遊戯機の「資産管理」「保管管理」「在庫管理」「廃棄管理」「解体管理」を行います。