企業情報

■POT(移動時点管理)コンセプトと関連製品

POTによる入出庫管理システム

POT移動時点管理を利用した入出庫管理を行うためには、作業実績データを正確に収集する必要であります。例えば、ある製品を入庫するということは、製品名と数量の入庫実績をデータ収集し、そのデータをホストコンピュータの入庫ファイルに書き込み、ファイルを更新すると言うことになります。入庫実績データは、注文番号や納品番号でも良いし、製造番号でも良いです。

出庫の場合も同じす。出庫した製品名と数量のデータを出庫実績収集し、このデータを使って出庫処理をします。このような実績データを収集することより行う入出庫処理は、従来の伝票入力方式に比べ、遙かに正確で、迅速で、簡単な処理だと言えなます。しかも、伝票入力オペレータが不要になりますので経費削減にもつながります。

pot02
バーコードハンディターミナルでデータ収集

入出庫実績データを早く正確に入力するためには、バーコードを利用するのが最適です。JANコードやITFコードは、商品に既にマーキングされていますので、これらを利用することもできるし、また、新たにマーキングする場合でも、バーコードは、簡単で安価に実現することができます。

次に重要なことは、収集手段です。物流現場では、データ入力の場所を固定しにくいので、ハンディターミナルが有効です。しかも、作業環境は厳しいので、高い耐久性と操作性が要求されます。かつては、ハンディターミナルとバーコードリーダの組み合せで実績データ収集を行っていましたが、両手が塞がって作業性が悪いと言う問題がありました。ところが、最近は、レーザスキャナやCCDスキャナを内蔵したハンディターミナルが、安価に入手できるようになりましたので、効率的なデータ収集ができ、POTシステムを実現することが容易になりました。

指示と確認もPOTで解決

実績データ収集は、正確な入出庫処理を実現しますが、指示に対して正確な作業をしているかどうかは分かりません。そこで、いかに作業者に対して迅速で正確な指示をするか、作業結果をいかに確認するかのシステムが必要です。それについても、POTターミナルを使用して解決できます。

従来、入出庫の指示は伝票で行っていますが、この指示情報をPOTターミナルにダウンロードし、作業者は、そのターミナルの指示に従い入出庫をします。具体的には、作業者がターミナルの出庫問い合わせボタンを押すと、出庫指示がディスプレイに表示されます。どの製品を何個、何処へといった内容です。そして、その指示にしたがって出庫をし、その出庫実績データをPOTターミナルで収集します。こうすることによって、指示情報と実績情報が同じであるかどうかを簡単に判断することが出来るわけで、ペーパーレス出庫指示、出庫確認が可能になります。

運用形態

入出庫作業の形態は、大別すると作業者が移動して行う方法と製品を移動させて行う方法があります。前者は、フォークリフトや台車、カゴ等使用して行う方法で、後者は、自動倉庫、ロータリーラック、ムーブラック等を使用して行う方法です。

(1)フォークリフト運用
フォークリフトにおける運用では、入出庫実績データ収集をフォークリフトから降りて行うのでは、甚だ不便で作業効率が悪くなります。したがって、フォークリフトに乗ったままでデータ収集をするために長距離読取用ハンドヘルド型レーザスキャナを使用します。通常、読取距離が1.5〜2m程度のものを使用しますが、最大5m程度の製品もあります。
また、ホストコンピュータへのデータ伝送を簡単にするために無線ターミナルを利用すれば、更に作業効率が改善します。

(2)台車運用
台車における運用では、ターミナルを作業者が持って運用する場合と台車に設置して運用する場合があります。作業者が持って運用する場合は、携帯性を重視して、バーコードリーダ内蔵のハイディターミナルを使用します。また、台車に設置する場合は、作業指示を重視して画面の大きいターミナルにし、バーコードリーダは外付けします。

(3)カゴ運用、ハンド運用
カゴ運用やハンド運用では、携帯性が最も重要です。したがって、ハーコードリーダ内蔵型ターミナルでなければならないし、しかも、使わない時は、ポケットに入る程度の大きさが理想です。画面が大きいターミナルは、ポケットに入りませんので、首下げ紐やベルトクリップを使用します。

(4)固定運用
ロータリーラック等を使用した固定運用では、パソコンやPOPターミナルを使用します。パソコンを使用する場合は、作業者がキー操作を間違いないように10キーや英数字キー、メニューキーのみのシンプルなキーボードが望ましいです。できればタッチパネルを使用してキーボードレスにする方が作業者に喜ばれます。

バーコードリーダは、作業効率を考えるとスーパーマーケットのように定置型レーザスキャナでハンドフリーで作業できるようにしたいです。