AINIX NEWS

掲載日:2019/08/29

AINIX NEWS Vol.27

◆◆◆*************************************************◆◆◆
◆◆◆      AINIX NEWS      Vol.27 (2019/9/1)
◆◆◆*************************************************◆◆◆
 このメールマガジンは、アイニックスメンバーズにご登録を頂いたお客様、弊
社製品をご購入頂いたお客様、展示会で名刺交換させて頂いたお客様に、自動
認識技術情報、新製品情報、展示会・セミナー情報、キャンペーン情報などを
お届けしています。本メールの配信先変更や停止をご希望の場合は、末尾をご
 参照下さい。
------------------------------------ 目次 ----------------------------------------
【1】業界情報
   ・中国RFID事情、安価で豊富なバリエーション
【2】新製品情報
   ・データ入力/編集ソフトウェア RS-receiver Lite V4.0
   ・低価格で高性能な二次元イメージャ A680/A680BT
   ・クラス最高性能の高解像度二次元イメージャ DS8108/DS8178
   ・RFIDケーブルタグ、ハングタグ、スクリュータグ、タイヤタグ、金属タグ
   ・バーコードコピヤが、新4インチプリンタと新スキャナに対応
【3】イベント情報
   ・自動認識総合展 Auto-ID & Comunication Expo 2019(9月11日~13日)
   ・関西ものづくりAI/IoT展 Industrial AI/IoT Expo(10月2日~4日)
   ・IoT/M2M展 秋 Japan IT Week 2019(10月23日~25日)
【4】お知らせ、キャンペーン、その他 
   ・自動認識ソフトウェアのWindows10対応 バージョンアップサービス
   ・バーコード入力/編集ソフトウェア RS-receiver Lite V3.0 販売終了
   ・二次元イメージャ A670/A670BT 在庫限りで販売終了
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■ 中国RFID事情、安価で豊富なバリエーション
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
 近年、中国のRFIDを調査していて、サプライヤとRFタグの種類の多さ、価格の
 安さに驚かされている。サプライヤの多くは深センにあるが、広州、上海など
 にも多く100 社以上あると思われる。これほど多いのは中国市場の大きさから
 だと思うが輸出比率も相当高い。特に欧州の比率が高く、米国や韓国、中近東
 が続いている。品質の厳しい日本にはまだ積極的に取り組んでいない。
 
 サプライヤは、すべて OEMで調達している会社と、自社工場を持っている会社
 があるが、自社工場で生産できないタグは OEMで調達しているので、どのサプ
 ライも同じような製品を取り揃えている。これは貴社で生産しているのかと尋
 ねれば、皆がそうだと言うので、自社生産品であるかどうかを見極めるのは難
 しい。また、自社生産品より OEM先から購入した方が遥かに安価の場合がある
 ので、中国では生産工場を調べることに意味がないかも知れない。
 ケーブルタグ、宝石タグ、洗濯タグ、動物タグ、スクリュータグなど、日本で
 は見たことのないタグがたくさん存在している。いずれもニッチな市場なので
 日本では採算が取れないが、中国市場と海外市場を狙えば採算が取れるのだろ
 う。日本のタグサプライヤの多くは、日本市場のみであるので、種類が少なく、
 しかも高価になっている。  
 中国では、外観を識別するための型名はあるが、詳細な仕様を特定する型名が
 存在しない。日本人の認識では、チップやアンテナ、色が変われば型名が変わ
 るのが当たり前であるが、お客様の要求にしたがって自由に変更するので、仕
 様書が基本となっている。しかも、小ロットでも短期間に対応する。このフレ
 キシブルさが中国の強みだ。
 
 中国のRFIDカード工場を見学したが、ドイツ製のプリンタが稼働していた。タ
 グやカードは、設備産業なので効率の高い設備を導入しないと価格競争に勝て
 ない。したがって、積極的に設備投資を行い、安価に世界市場に販売している。
 ハイスペックは米国製に勝てないが、汎用タグでは世界市場を席捲するかもし
 れない。日本は、RFIDリーダで勝てず、次はRFタグでも勝てないようだ。
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■ 新製品情報
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
┌┐
└■ バーコード入力/編集ソフトウェア RS-receiver Lite V4.0
 シリアルデータを画面入力できる RS-receiver Liteをリニューアルしました。
 今回は、画面を大きく変更してデータ編集を楽にすると共に、GS1-128 アプリ
 ケーション識別子によるデータ抽出を可能にしました。また、同時に複数の入
 力ポートをサポートし、出力先にLANを追加しましたのでサーバや特定のPCに
 送信できます。
http://www.ainix.co.jp/products/autoid_software/input_edit/RS-receiverLite_V4.0/
┌┐
└■ 低価格で高性能な二次元イメージャ A680/A680BT
 1280x800ピクセルの高解像度イメージセンサを搭載したA680は、従来のA670
 より分解能と読取距離が大幅に改善しました。しかも、価格は従来のA670と同
 じです。Bluetooth 4.0のコードレスモデルA680BTは、約90mの通信距離です。
http://www.ainix.co.jp/products/barcode_equipments/handheld_barcode_reader/A680/
http://www.ainix.co.jp/products/barcode_equipments/cordless_barcode_reader/A680BT/
┌┐
└■ クラス最高性能の高解像度二次元イメージャ DS8108/DS8178
 Zebra社のフラッグシップスキャナ DS8108は、1280x960ピクセルの高解像度
 イメージセンサを搭載し、卓越した読取性能を提供すると共に、高密度読取
 から長距離読取まで1台で対応できます。また、Bluetooth 4.0のコードレス
 モデルDS8178は、約90mの通信距離があります。
http://www.ainix.co.jp/products/barcode_equipments/handheld_barcode_reader/DS8108/
http://www.ainix.co.jp/products/barcode_equipments/cordless_barcode_reader/DS8178/
┌┐
└■ RFIDケーブルタグ、ハングタグ、スクリュタグ、タイヤタグ、金属タグ
 RFIDは資産管理に有効ですが、取付方法に悩まされます。そこで、ケーブルで
 縛るケーブルタグ、吊り下げるハングタグ、ネジ型のスクリュータグ、タイヤ
 に埋め込むタイヤタグ、高耐久性の金属タグなど、ユニークなRFIDタグをたく
 さん取り揃えました。
http://www.ainix.co.jp/products/RFID_ICcard/RFID_tag/
┌┐
└■ バーコードコピヤが新4インチプリンタと新スキャナに対応
 バーコードコピヤは、バーコードスキャナをプリンタに接続し、コンピュータ
 を使用せずバーコード読み取りでラベル印刷するシステムです。
 Barcode Copierは、従来の2.5インチ幅プリンタ BCC820 / BCC2130Nに加えて、
 4インチ幅のBCC4550Dをリリースしました。接続できるスキャナは、従来のリ
 ニアイメージャF560に加えて高性能2次元イメージャA680を用意しました。
 Codeless Barcode Copierは、従来の2インチ幅 BCC2150、3インチ幅 BCC3150
 に加えて、4インチ幅のBCC4230Bをリリースしました。接続できるポケットス
 キャナは、従来の業務用スキャナのMT1297とMT1227Lに加えてミニサイズで安
 価なMT100Aを用意しました。
http://www.ainix.co.jp/products/autoid_system/label_printing_healthcare/Barcode_Copier/
http://www.ainix.co.jp/products/autoid_system/label_printing_healthcare/cordless_barcode_copier/
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■ イベント情報
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 第21回 自動認識総合展 Auto-ID & Comunication Expo 2019
 日 時 :9月11日(水)~ 13日(金)10時~17時
 場 所 :東京ビックサイト 南館4階 A-75 
 出展品 :ウェアラブルスキャナ、ハンディスキャナ、卓上スキャナ、固定ス
      キャナ、モバイルプリンタ、RFIDタグ、RFIDリーダ、RFiDプリンタ、
      モバイルコンピュータ、業務用タブレット、入出荷・検品・棚卸シ
      ステム、音声ピッキングシステム、RFID工具貸出管理システム、
      電子ラベル SoluM ESL、クラウドWMS、他
 費 用 :有料(招待状をお送りしますので、お知らせください)
 詳 細 :http://www.ainix.co.jp/profile/information/exhibition/autoid-expo21.html
■ 第2回 関西ものづくりAI/IoT展 Industrial AI/IoT Expo
 日 時 :10月2日(木)~ 4日(金)10時~18時(最終日17:00)
 場 所 :インテックス大阪
 出展品 :ウェアラブルスキャナ、ハンディスキャナ、卓上スキャナ、固定ス
      キャナ、モバイルプリンタ、RFIDタグ、RFIDリーダ、RFiDプリンタ、
      モバイルコンピュータ、業務用タブレット、入出荷・検品・棚卸シ
      ステム、音声ピッキングシステム、RFID工具貸出管理システム、
      電子ラベル SoluM ESL、クラウドWMS、他
 費 用 :有料(招待状をお送りしますので、お知らせください)
 詳 細 :http://www.ainix.co.jp/profile/information/exhibition/aiot_expo2.html
■ 第5回 IOT/M2M展 秋 Japan IT Week 2019
 日 時 :10月23日(水)~ 25日(金)10時~18時(最終日17:00)
 場 所 :幕張メッセ
 出展品 :害獣捕獲監視システム「わなタグ」
 費 用 :有料(招待状をお送りしますので、お知らせください)
 詳 細 :http://www.ainix.co.jp/profile/information/exhibition/m2m_19aut.html
      (株)アルフのブースに出展します。

■ 第39回 医療情報学連合大会(第20回日本医療情報学会学術大会)
 日 時 :11月22日(木)~ 24日(日)
 場 所 :幕張メッセ
 出展品 :医療用リストバンド及び自動認識ヘルスケア製品
 費 用 :無料(学会セミナーへの参加は有料となっております)
 詳 細 :http://www.ainix.co.jp/profile/information/exhibition/jcmi39.html
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■ お知らせ、キャンペーン、その他
□■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 自動認識ソフトウェアのバージョンアップサービス
 BarStar Pro V3.0、LabelStar Pro V4.0、ImageStar V2.0、RS-receiver Lite
 V4.0のバージョンアップサービスを受付しています。
◆ バーコード入力/編集ソフトウェア RS-receiver Lite V3.0 販売終了
  RS-receiver Lite V3.0は、バージョンV4.0のリリースにより9月30日で販売を終了します。
◆ 二次元イメージャ A670/A670BTが在庫限りで販売終了
  A670/A670BTが在庫限りで販売終了します。後継機のA680/A680BTは、高解像度
  により従来より高い読取性能が実現しながら、価格は同等です。
==============================================
■ 配信先の変更・停止をご希望の場合
  アイニックスメンバーズ登録をされている方は、メンバーズページにログイン
  し、登録情報を変更してください。
  https://www.ainix.co.jp/ainix_members/login.html
  未登録の方は、会社問い合わせページ、または、下記のメールアドレスから変
更内容をお知らせください。
  https://www.ainix.co.jp/contact/aboutus.html eigyoweb02@ainix.co.jp
************************************************************
  アイニックス株式会社   http://www.ainix.co.jp/
  東京都目黒区大橋1-6-2  tel 03-5728-7500
  お問い合わせ       http://www.ainix.co.jp/contact.html
************************************************************
  Copyright(C) 2019 AINIX Corporation. All Rights Reserved.

添付ファイル:AINIX_NEWS_Vol.27_2019.9.pdf (183 KB)