受入/検査データ入力

納品書やカンバンをバッチ処理で自動読取することにより、迅速で正確な受入データ入力が可能です。また、検査シートを自動読取することにより迅速で正確な集計が可能です。

バーコードが印刷された納品書、領収書、検査書、生産指示書、カンバン、医療材料カード、宝くじ、商品券などを自動読取することにより、作業の効率化と省力化ができます。読取したシートは、複数のアクセプトトレーに振り分けられ、読取できなかったシートは、リジェクトトレーに排出されます。
バーコード読取機能付のドキュメントスキャナでは、ドキュメントのバーコードを読み取り、そのデータでファイル名をリネームして、保存できます。これによりドキュメントファイルの検索が容易になります。

バーコードを連続読取することにより省力化したい

伝票のバーコードを一枚一枚手持リーダで読み取るのは、非効率です。バーコードシートリーダを使用することにより、伝票を連続的に自動読取できますので、大幅な省力化が可能です。読取できなかった伝票は、リジェクトトレイに収納されるので、再度、シートリーダに入れるか、手持リーダで読取します。

伝票の入力漏れを防止したい

手持リーダによるマニュアル読取は、読取漏れが生じることがあります。シートリーダでは、全数読取ができると共に、読取完了の伝票に確認マークを付けることができます。

高速でカンバン読取したい

カンバンを読み取ることにより、注文の消し込みを行います。カンバンを高速で読み取ることにより、生産の引当が早くできます。シートリーダは、1分間に最高250枚の読取が可能です。

手書き文字を自動読取したい

帳票マスタは、ドキュメントスキャナで読み取ったシートのバーコードや手書文字を自動で読取できます。これにより、データの集計が省力化できます。

ファイル名をバーコードでリネームして保存したい

検査票やチェックシートなどのドキュメントは、保管が大変であると共に、いざというときの検索も大変です。そこで、ドキュメントスキャナで読み取り、電子データで保存しますが、自動製番されるドキュメント番号では、検索に不便です。適当なファイル名や分類名をバーコードにして印刷しておくことにより、ドキュメントスキャナで読み取りながら、リネームして、指定の保存先に保存できます。

  • バーコード読取ソフトウェア

    ImageStar

    スキャナで取得したバーコード画像をパソコンで解読、主要なバーコードとQRCode、DataMatrix に対応しています。Windows 7/8/8.1対応

  • バーコード認識・文書配信ソフトウェア

    Sophia CrossDoc Transer BarPLUS

    生産指示書や検査書に手書きで追記したりした文書の管理保存に最適です。文書画像の保存、配信、検索、閲覧、Web公開が可能です。

  • 帳票OCRソフト

    帳票マスタ

    高精度OCR機能に加え、認識結果の校正編集、出力、ファイリング、FAX入力など、OCRに関連する機能を協力にサポートした統合データエントリ開発・実行環境です。

  • 小型バーコードシートリーダ

    SR-2

    約250枚のバーコードシートを、最高140枚/分で高速読取できます。25cm×25cmの省スペース設計。最大用紙幅115mm

  • 医療用ファミリーリストバンド

    SR-11/12/21/22

    汎用レーザプリンタで印刷できるリストバンドです。母親用と乳児用のリストバンドがセットになっています。

  • ポリエステルラベルシート

    AX100

    汎用のレーザプリンタで印刷できるように基材を薄くし、トナーが付着し易いような表面処理をしました。

  • プリンタリボン/ラベル

    AX630

    各メーカ毎のラベル、リボンを用途に合わせた形で提案、提供いたします。

  •  
  •