進捗管理

無線LAN、業務用タブレット、バーコード、RFIDを使用して、フレキシブルで正確な生産実績収集を行い、作業の進捗を管理します。

従来の検品システムは、既存のERPシステムや在庫管理システムをカスタマイズするため、多くの費用と時間が必要でした。POT Checkは、サブシステムとしてご利用頂くことをコンセプトに開発していますので、安価に素早く導入できます。しかも、無線ハンディターミナルにより、リアルタイム実在庫管理が可能です。

リアルタイム実在庫管理をしたい

伝票やリストによる倉庫管理は、伝票入力時点やリスト発行時点で在庫が更新されますので、リアルタイム管理が困難です。POT(移動時点管理)による倉庫管理では、バーコードを読み取った時点で在庫が更新されますので、リアルタイム管理が可能です。しかも、商品のバーコードを読み取りますので、実在庫管理になります。

安価に物流現場を管理したい

ERPは、在庫総数は管理していますが、製品のロケーションやロット番号まで管理したい場合、既存システムをカスタマイズするために大きな投資が必要です。POT Checkは、ERPのサブシステムとして、バーコードによる入出荷、検品、棚卸の現場管理を安価に実現します。

安価にロケーション管理をしたい

入庫時や出庫時に棚バーコードを読み取ることにより、正確な棚番管理が可能です。固定ロケーションでは、ロケーションの確認をすることができます。また、フリーロケーションでは、入庫した棚の登録をすることができます。

摘取方式のピッキングがしたい

出荷先別のピッキングリストによる摘取方式のピッキングを採用していますので、電子部品、機械部品、工具、食品雑貨、薬品、アパレルなどの少量多品種の出庫に最適です。ハンディターミナルを利用していますので、籠、台車、ピッキングカートと併用できます。

バーコード検品がしたい

POT Checkは、ホストから出庫指示データをファイル転送で受けて、無線ハンディターミナルで検品を行います。また、検品結果は、ホストにファイル転送します。

循環棚卸がしたい

エリア別に棚卸しができますので、倉庫全体を出荷停止する必要がありません。ロケーション番号と製品バーコードが印刷された棚卸準備表を印刷し、商品バーコードを読み取ってから数量を入力します。

高齢者に優しい大画面モバイルが欲しい

小さな画面は、高齢者とって作業効率を低下させます。2.8インチ以上の大画面を持つモバイルターミナルを使用していますので、高齢者でも楽に操作できます。

レスポンス良く、安定した無線ネットワークが欲しい

無線ハンディターミナルを使用した場合、レスポンスが良く安定した無線ネットワークが欠かせません。倉庫では、1つのアクセスポイントにアクセスが集中しますので、通常の無線LANではレスポンスが低下します。そこで、POT Checkでは、アクセスポイントへの負荷分散機能と先行ローミング機能によりアクセスポイントへの負荷集中を避けています。

簡単にカスタマイズし、容易に保守管理したい

無線ハンディターミナルは、現場に合わせて入力項目や表示内容の変更が必要です。モバイルエージェントソフトウェアEmPlusにより、短期間でプログラムを修正できるばかりでなく、無線サーバに変更したプログラムを置くだけで、自動的にモバイルターミナルのプログラムを変更できます。

  • 10インチ業務用タブレット

    RT100

    Windows 10 IoT / Android 4.4、10.1インチ(1280x800)、802.11a/b/g/n、カメラ5M、IP65。2Dリーダ、クレードルはオプション。

  • 手持型バーコードリーダ

    ペン式、CCD式、リニアイメージャ式、レーザ式、イメージャ式等の手持型バーコードリーダで、ケーブル接続の製品です。

  • RFIDリーダ

    長波帯、短波帯、UHF帯、マイクロ派帯の固定型RFIDリーダ、NFCリーダ、アンテナ、及び、BluetoothやWiFiよるポケットリーダなどのRFID製品です。

  • プリンタ/マーキング装置

    感熱式、熱転写式、レーザ式などのバーコードプリンタで、据置型、卓上型、携帯型の製品、及び、レーザマーカなどのマーキング装置です。

  • モバイルコンピュータ

    スマホ型、タブレット型のモバイルターミナル、及び、車載端末で、耐久性に優れた業務用/産業用の製品です。

  • 無線LAN/M2M

    アクセスポイントや無線LANスイッチなどの無線LAN製品、及び、モバイル通信や無線LANを有したM2Mアダプタなどのネットワーク製品です。