被爆線量管理

ヘルメットのRFタグ、または、ICカードをモバイルターミナルで読み取り、作業者の出欠管理と所在管理、及び、被爆線量管理を行います。

除染作業では、作業者の被爆線量管理が重要です。当月累積被爆線量の上限値は、1,600μ㏜ですので、これを越えないように作業者を管理すると共に、作業者の出欠管理と所在管理も同時に実現しています。

従来は、除染作業完了後に、中央コンロトールセンターに集合し、グループ責任者が、PCの日報に作業区域や被爆線量値を入力していました。作業者毎のExcelシートが約200あるために、入力作業に3~4時間を要していました。また、データ入力ミスが発生した場合、重大問題に発展しました。

本システムでは、作業現場で作業者IDのヘルメットRFIDタグを読取し、被爆線量をタブレットに入力するだけですので、日報作成作業が大幅に軽減され、入力ミスも防止できます。また、データは、モバイル通信でリアルタイムに中央コントロールセンタに送信されます。

被爆線量管理を迅速化したい

手書日報から、タブレット入力にすることによって、入力時間を大幅に短縮します。また、モバイル通信により、現場での入力を可能にします。

作業者の所在管理をしたい

作業現場で作業者のヘルメットタグを読み取っているので、どの現場に誰がいるかを管理できます。これにより、事故があった場合の迅速な安否確認が可能です。

モバイル通信コストを安価にしたい

モバイル通信は、データ通信のみであり、通信は、作業開始と作業終了時の僅かな時間であるので、パケット量を制限した安価なAINIX MOBILE を使用している。

モバイル通信コストを安価にしたい

モバイル通信は、データ通信のみであり、通信は、作業開始と作業終了時の僅かな時間であるので、パケット量を制限した安価なAINIX MOBILE を使用している。

セキュリティを担保したい

タブレットと管理PCは、VPN接続にすることにより、情報漏洩を回避します。

RFIDの読取操作性を良くしたい

UHF帯のRFIDを使用することにより、約1mの読取距離を可能にしました。これにより、ヘルメットを装着したままでの読取ができます。ヘルメットタグの代わりに、IDカードを使用する場合は、NFCリーダを使用します。

  • UHF帯 ポータブルRFIDリーダ

    DOTR-900

    UHF帯RFIDに対応したBluetoothリーダです。920MHz、DOTR-910J 出力250mW、DOTR-920J 出力1W

  • ポケットNFCリーダ

    MR10A7

    ポケットサイズのNFCリーダです。データ蓄積によるバッチ通信とBluetoothによるリアルタイム通信が可能です。フル充電で1万回以上の読取、IP55

  • モバイル通信サービス

    独自のモバイル通信サービス、及び、音声・動画同報通信(IP-PTT)サービスです。

  • RFタグ/NFCタグ

    長波帯、短波帯、UHF帯、マイクロ派帯のRFタグ、NFCタグ、ICカード、RFIDラベル、インレイなど、RFIDメディア関連の製品です。

  •  
  •