物の管理

文書管理、資産管理、所在管理、貸出管理等を紹介します。

  • 文書管理

    バーコード付ドキュメントをバッチ処理で連続読取、ドキュメントリーダでOCRを連続読取、及び、読み取ったドキュメントを指定の送信先にファイル転送など、文書管理を行います。

  • 資産管理

    ハンディターミナルでバーコードやRFIDを読ませることにより、施設、機器、什器、備品等の資産管理を行います。

  • 所在管理

    アクティブRFIDタグ、WiFiタグ、UWB周波数帯位置測位システムUbisense RTLS等を利用して、リアルタイムに物の所在管理(RTLS)を行います。