棚卸

バーコードによる棚卸は、紙とペンから解放され高い精度を実現します。RFIDによる棚卸は、作業効率をバーコードの10倍から20倍に改善します。

従来の紙とペンによる棚卸では、商品の勘違いや転記ミスが発生し、また、出荷停止時間も永くなります。
バーコード棚卸では、商品違いや転記ミスが発生することはなく、棚卸時間も大幅に短縮されます。バーコード棚卸でも員数を数えて入力するのはマニュアルですので、員数間違いが発生する可能性はあります。
RFID棚卸は、一度に複数商品をチェックでき、更に、員数まで正確に管理できます。棚卸時間は、バーコードの10分の1以下に短縮できます。

コードレスリーダで棚卸をしたい

棚卸システムは、頻繁に使用するものでありませんので安価に導入したいものです。ハンディターミナルは非常に高価ですし、ソフト開発も必要になりま す。そこで、最も簡単なシステムは、コードレスリーダを使用してエクセルなどで集計する方法です。コードレスリーダF680BTは、約80mの通信距離が ありますので、広い範囲の棚卸ができます。

iPhoneで棚卸をしたい

お手元のiPhoneやiPod Touchを使用して棚卸をすることができます。「POT棚卸」は、無料で提供しているiOSアプリですので、これをダウンロードすれば、棚卸が可能です。バーコード読取は背面カメラを使用しますが、棚卸件数が多い場合は、専用のポケットスキャナをご使用ください。

ポケットスキャナで棚卸がしたい

ポケットスキャナは、BluetoothでタブレットやノートPCと接続しますので、リアルタイムにデータ入力ができます。商品や棚のバーコードを読み取り、次に、員数をキーバードから入力します。
ポケットスキャナは、メモリー蓄積機能をもった製品がありますので、これを使用すれば、PCレスで棚卸が可能です。キー入力ができませんので、商品全数のバーコードを読み取るか、数字のバーコードメニューを用意し、これを読んで数字入力します。

ハンディタ―ミナルで棚卸したい

無線ハンディターミナルを使用すれば、棚卸結果とデータベースを照合できますので、数え間違いのチェックや未棚卸商品の確認が可能です。

RFIDで棚卸したい

RFIDハンディターミナルは、出力により読取距離が異なります。特定小電力の通信距離は約1m、高出力の通信距離が数メートルですので、これを意識して読み残しがないように隈なくスキャンします。RFIDタグは、ユニーク番号が付いていますので、全てのタグの読取が終わると、データ入力が終わります。

  • モバイル棚卸システム

    POT棚卸(iOS版)

    iPhone/iPod touchを利用して簡単に棚卸業務を効率化できる無料のアプリケーションです。棚番号、商品のバーコードを背面カメラで読み取り、在庫数をキー入力するだけです。

  • モバイル棚卸システム

    POT棚卸(Windows版)

    モバイルコンピュータを使用して、高速かつ正確なバーコード棚卸ができる本格的な棚卸システムです。現場の棚卸データをPCに取り込み、登録や修正などの管理が行えます。

  • 入出荷・検品・棚卸システム

    POT Check V2.0

    バーコードを使用した安価で導入が簡単な入出荷・検品・棚卸システムです。ERPなどの基幹システムのサブシステムとして開発されていますので、導入が容易です。

  • コードレス/ポケットスキャナ

    ペン式、CCD式、リニアイメージャ式、レーザ式、イメージャ式等の手持型バーコードリーダで、BluetoothやWiFiなどで接続するコードレスの製品です。

  • RFIDリーダ/ポケットリーダ

    長波帯、短波帯、UHF帯、マイクロ派帯の固定型RFIDリーダ、NFCリーダ、アンテナ、及び、BluetoothやWiFiよるポケットリーダなどのRFID製品です。

  • ハンディターミナル

    キーボードとディスプレイを装備した手持型のターミナルで、バッチ機能や無線LAN機能を有した製品です。

  • モバイルコンピュータ

    スマホ型、タブレット型のモバイルターミナル、及び、車載端末で、耐久性に優れた業務用/産業用の製品です。

  •