ピッキング

使用環境や商品特性に応じて、ハンディターミナルによるバーコードピッキング、音声認識による音声ピッキング、そして、デジタル表示器によるデジタルピッキングを提供します。

バーコードピッキングは、検品を兼ねることができますので、高いピッキング精度を実現します。また、1棚複数製品でも使用可能です。箱出荷からピース出荷まで、幅広く対応できます。
音声ピッキングは、ハンズフリー、アイズフリーにより高い作業効率を実現します。飲料や機械部品などの重量物、食品雑貨等のケース品、冷凍品などに最適です。
デジタルピッキングは、表示器を狭いエリアに集中して設置することにより、短い動線で高い作業効率を実現します。小さい商品のピースピッキングに最適です。

誤出荷をなくしたい

誤出荷対策には検品という考えがありますが、ピッキングで商品チェックができていれば、検品は不要になります。ハンディターミナルを使用して、商品バーコードを読み取れば、正確なピッキングが実現します。音声ピンキングやデジタルピッキングでは、棚を確認することにより商品チェックを行います。平置きや棚が整理されてない場合は、バーコードピッキングになります。

大きな画面で指示したい

大きな画面は、モバイルターミナルかタブレットを使用することになります。タブレットは、台車に取り付け、コードレススキャナやコーデッドのオムニスキャナでバーコードを読み取ります。コードレススキャナは、棚バーコードを読み取ることができます。一方、オムニスキャナは、ハンズフリー読取が可能です。

ロケーションを管理したい

出荷効率を高めるためには、ロケーション管理による効率的なピッキング指示が欠かせません。倉庫内をウロウロして、商品探しをしていては全く非効率です。ロケーション管理は、棚やエリアをバーコード表示し、入庫時にロケーションのバーコードを読み取っておきます。これにより、正確なロケーション管理が実現します。これにより、固定ロケーションでは正しい入庫場所が、フリーロケーションでは入庫した場所が管理できます。

履歴管理をしたい

ピッキングするときに、先入れ先出しを徹底したい、または、ロット番号やシリアル番号を出荷履歴として管理したい場合があります。ロット番号やシリアル番号のバーコードを読み取ることで、先入れ先出しや出荷理的管理ができます。音声ピッキングでは、指に装着できる小型のバーコードリーダ(リングスキャナ)を使用して、ハンドフリーを実現します。

ハンドフリーで出荷効率を向上させたい

バーコード読取やキー入力は、作業者の負担となり、出荷効率を低下させることがあります。音声ピッキングやデジタルピッキングは、ハンズフリーにできますので、高い生産効率を実現します。音声ピッキングは、広い倉庫エリアで、棚置きでも平置きでも、ケースでもピースでも使用できます。デジタルピッキングは、小さな棚を集中させますので、ピース出荷に適しています。

限定された商品を高い生産効率で出荷したい

デジタルピッキングは、ランプが点灯した棚から表示された数量の商品を取ります。作業者の移動が少なく、ハンズフリーなので、極めて高い生産効率が実現します。台車に複数の箱を用意し、箱にランプを付けることにより、複数出荷先のピッキングを行うことができます。

倉庫全体からケースとピースで出荷したい

音声ピッキングは、音声で棚番と数量を指示しますので、平置き、棚置き、バーコード表示なしなど、倉庫に制限がありません。歩きながら次の指示を聞くことができ、ハンドフリーにより箱を開けたり数えたりできますので、生産効率を高くできます。一棚複数商品の場合は、棚番指示の後で、商品名や型名を指示します。

ERPやWMSの配下で使用したい

音声ピッキングシステムPOT Voiceや入出荷・検品・棚卸システムPOT Checkは、ERPやWMSからの出荷指示を受け取り、ピッカーに指示をします。また、出荷実績データは、上位システムにアップロードします。音声認識エンジンLydiaは、SAPにダイレクト接続できるインターフェースをもっていますので、SAPから直接にピッキング指示をもらうことができます。

冷凍庫で使用したい

冷凍庫の中で、ハンディターミナルは、画面が凍り、キー操作ができないことから、使用できいことがあります。音声ターミナルは、防寒服の下に装着するので、-30℃でも使用することができます。

レスポンス良く、安定した無線ネットワークが欲しい

無線ハンディターミナルを使用した場合、レスポンスが良く安定した無線ネットワークが欠かせません。倉庫では、1つのアクセスポイントにアクセスが集中しますので、通常の無線LANではレスポンスが低下します。そこで、POT VoiceやPOT Checkでは、アクセスポイントへの負荷分散機能と先行ローミング機能によりアクセスポイントへの負荷集中を避けています。

  • 入出荷・検品・棚卸システム

    POT Check V2.0

    バーコードを使用した安価で導入が簡単な入出荷・検品・棚卸システムです。ERPなどの基幹システムのサブシステムとして開発されていますので、導入が容易です。

  • 音声ピッキング

    POT Voice

    音声認識を使用したピッキングシステムで、ハンズフリーとアイズフリーにより作業効率を最大30%改善しま,す。ERPやWMSなどの基幹システムのサブシステムとして最適です

  • デジタルピッキング

    MWU

    バーコード表示ができる電子ペーパーによりバーコード管理が可能です。消費電力が少なく、2線式給電により設置が容易です。

  • ハンディターミナル

    キーボードとディスプレイを装備した手持型のターミナルで、バッチ機能や無線LAN機能を有した製品です。

  • モバイルコンピュータ

    スマホ型、タブレット型のモバイルターミナル、及び、車載端末で、耐久性に優れた業務用/産業用の製品です。

  • プリンタ/マーキング装置

    感熱式、熱転写式、レーザ式などのバーコードプリンタで、据置型、卓上型、携帯型の製品、及び、レーザマーカなどのマーキング装置です。

  • 無線LAN/M2M

    アクセスポイントや無線LANスイッチなどの無線LAN製品、及び、モバイル通信や無線LANを有したM2Mアダプタなどのネットワーク製品です。

  •