音声認識

不特定話者、多言語に対応した音声認識エンジン、音声合成エンジンのソフトウェア、及び、これらに対応した音声ターミナルなどの音声ソリューションです。

音声認識は、認識率の向上によりデータ入力方式としてスマホやなど、広く普及していますが、これらは膨大な音声データベースにより、フリーワード認識が可能です。しかし、倉庫や工場のように大きな音声データベースを持てない場合やオフラインで使用する場合は、認識する言葉を限定して認識率を高めるようにしています。

アイニックスは、不特定話者、多言語に対応した音声認識エンジンソフトウェア、音声合成エンジンソフトウェア、音声専用端末、及び、音声技術を使用したアプリケーション開発など、音声ソリューションをワンストップで提供します。

個人の音声登録なしで認識率を高くしたい

音声登録は、個人の発音の癖を登録して認識率を高くする方法ですが、音声認識技術の向上により、音声登録なしでも高い認識率を実現できます。大きな音声データベースを使用すれば、文章をフリーに認識できますが、音声端末内の限られた範囲では、認識できる言葉を限定する方が、音声登録するより認識率を高くできます。

多言語の音声認識をしたい

音声認識エンジン Lydiaは、ドイツで開発された音声認識ソフトウェアで、20ヶ所以上の地域と国の言語に対応しています。日本語はもちろん、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、北京語、広東語などに対応しています。

自然音に近い音声で指示をしたい

作業者に音声で指示をする場合、一般に音声合成を利用しますが、機械的な音声で聞き取にくい場合があります。Voice Text は、イントネーションの調整により自然音に近い音声を合成できます。

バーコードなしで、ピッキング効率を改善したい

音声ピッキングは、バーコード表示が必要なく、しかも、バーコードピッキングに比べて最大30%以上の効率アップが可能です。また、LED表示によるデジタルピッキングのような配線設備の必要がなく、自由に棚を設置できます。更に、ハンズフリーは、重量物や大容積製品の取扱いを容易にします。

生産管理、品質管理の効率を改善したい

従来の紙や画面による生産指示では、読み間違い、データ入力ミス、記入ミス等がありましたが、音声指示と音声入力によりその可能性が低下します。音声指示にしたがって作業しますので、トレーニングを低減できます。

設備の点検、保全を安全かつ正確にしたい

点検項目を音声で指示し、結果を音声で入力します。両手、両目が自由ですので、危険場所でも安全に作業することができます。AINIX MOBILEと組み合わせることにより、リアルタイムに監視データを更新することができます。

冷凍庫、極寒冷地で倉庫管理をしたい

-20℃から-30℃の場所では、画面表示が難しく、防寒具によりキー操作が不可能です。音声指示と音声入力は、このような厳しい環境でも利用できます。

コードレスのヘッドセットを使用したい

マイクとヘッドホンを一体化したヘッドセットの接続ケーブルは、点検業務に支障を来たす場合があります。Blueparrott B250-XT+ は、Bluetoothによりコードレスで音声通話が可能です。

  • 音声認識ソフトウェア

    Lydia

    ドイツで開発された多言語、不特定話者の音声認識ソフトウェアです。WindowsとAndtoidのモバイル端末で動作します。

  • 音声合成ソフトウェア

    Voice Text

    自然音に近い音声を作成できる音声合成ソフトウェアです。男性と女性の音声が選択できます。

  • 音声ターミナル

    WT41NO

    腕や腰に装着して使用するウェアラブルコンピュータです。IEEE802.11a/b/g/n, IP54, -20℃

  • 音声ピッキングシステム

    POT Voice

    音声認識を使用したピッキングシステムで、ERPやWMSなどの基幹システムのサブシステムとして最適です。

  • 音声保守・点検システム

    Check Voice

    保守項目や点検項目を音声で指示し、結果を音声入力する保守・点検システム。バッチ処理によりどこでも使用できます。

  •