無線ネットワーク

アイニックスは、安定に高速で確実に繋がる業務用の無線LANアクセスポイントや無線LANスイッチ、及び、FOMAに接続できるM2Mアダプタなどの無線ネットワークソリューションを提供します。

大きな通信距離を安定して通信したい

無線LANは、IEEE802.11で規格化されていますが、アクセスポイントの通信距離は、メーカや機種によって異なります。それは、受信能力に差があるからです。Zebra社のアクセスポイントは、業務用に開発されていますので、高い受信感度とノイズ除去機能により、民生用のアクセスポイントより遥かに遠くまで安定的に通信ができます。

無線LANの障害を最小化したい

SMART RF機能は、出力とチャネル選択を自動的に最適化するため、障害物などによる減衰、電波干渉、アクセスポイントの故障などに暫定的な対応を行い、無線LANの問題を最小限します。したがって、高品質なアクセスおよびモビリティを実現できます。

通信速度を落とさずにローミングしたい

無線LANは、アクセスポイントから離れると通信速度が低下します。通常、最初に接続したアクセスポイントは、接続が切れるまで次のアクセスポイントに再接続されませんので、度々、レスポンスが低下します。ゼブラ社のアクセスポイントとモバイル端末の組み合わせは、通信速度が低下する前に自動的に次のアクセスポイントに接続するプレローミング機能を持っています。

高いセキュリティ性を確保したい

モバイルは、パソコンに比べセキュリティ性が低いと言われています。アイニックスは、WEP/WPA/WPA2、TKIP/AESなど、先進のセキュリティ機能を搭載したモバイル端末を提供します。

アクセスポイント同志でメッシュネットワークを構築したい

バックボーンのLANを設置することなしに、アクセスポイント同志をブリッジ化して、広範囲な通信エリアを作成することができます。
AP7161-JPは、日本独自規格の4.9GHzをサポートし、数キロメートルの通信距離が可能です。したがって、広範囲のメッシュネットワークを構築できます。

センサー等のデータをFOMA通信でサーバに伝送したい

Bishopは、LAN、無線LAN、Bluetooth、USB、RS232Cなどの様々なインターフェースをもったM2Mアダプタですので、センサー、計測器、機械、カメラなどのデータをFOMA網で伝送することができます。また、Linuxにより、アプリケーションを組み込むことができます。

  • デュアルラジオ アクセスポイント

    AP6522M

    IEEE802.11a/b/g/n、2 x 2 MIMO対応のデュアルラジオアクセスポイントです。小規模オフィス/小売店舗向けに設計されています。※販売終了

  • デュアルラジオ アクセスポイント

    AP7522

    IEEE 802.11a/b/g/n/ac、2 x 2 MIMOに対応したデュアルラジオアクセスポイントです。業務上のニーズに合わせて柔軟に対応できます。

  • 無線LANスイッチコントローラ

    RFS4000

    費用対効果が高く、安全な有線のネットワークサービスを提供するスイッチコントローラです。マルチセル環境でのメッシュ構成にも対応します。

  • M2Mアダプタ

    Bishop

    外部センサや外部装置から入力されたデータをモバイル通信や有線モデムで伝送。Linux搭載によりユーザプログラムを搭載できます。3.5G, WLAN, LAN, GPS, Bluetooth, USB, RS232C, RS485

  • 無線LAN/M2M

    アクセスポイントや無線LANスイッチなどの無線LAN製品、及び、モバイル通信や無線LANを有したM2Mアダプタなどのネットワーク製品です。

  •  
  •