料金代理収納

料金代理収納用の高精度なバーコードを簡単に生成できます。

料金代理収納バーコード

公共料金などをコンビニエンスストアで支払うことを料金代理収納と呼び、店頭での収納業務を迅速・正確に行うためにバーコードが使われています。料金代理収納バーコードは、1987年から3段/4段のJANコードが使われていましたが、POSレジでの操作性やバーコード表示スペースの削減などを目的に、2007年7月よりGS1-128による1段(1行)表示に移行されました。このシステムは、電気、ガス、電話、保険、受信料、水道、信販、通信販売、授業料などに広がっており、2004年からは、税金等の公共料金の代理収納も可能になっています。

高精度なバーコード

バーコード作成ソフトBarStar Proは、プリンタの解像度に合わせてバーコードを作成しますので、高精度なバーコードが印刷できます。また、バーとスペースで幅を調整することもできますので、プリンタの特性に合わせて印刷することもできます。BarStar Proは、OLEオートメーション、Active X、DLLにより振込用紙発行システムに組み込むことができます。

バーコード検証機

実際に印刷されたバーコードが印刷品質規格に適合しているかどうかを調べるためには、バーコード検証機を使用します。REA Check ERは、小型で手頃な価格のバーコード検証機です。

  • バーコード作成ソフトウェア

    バーコードを生成し、画像ファイルとして出力するバーコード作成エンジンで、ラベル作成や帳票作成のアプリに組み込んで使用できるパッケージ製品です。ソースコードや英語版の提供も可能。

  • ポータブル バーコード検証機

    REA Check ER

    GS1-128やGS1 Databarにも対応したポータブル検証機です。印刷現場での検証や作業現場でのラベル検証に最適です。最大シンボル長75mm

  •