作業者/被爆線量管理

ヘルメットのRFタグ、または、ICカードをモバイルターミナルで読み取り、作業者の出欠管理と所在管理、及び、被爆線量管理を行います。

被爆線量管理

除染作業では、当月累積被爆線量の上限値が1,600μ㏜を越えないように、作業者の被爆線量管理しなければなりません。

従来は、除染作業完了後に、中央コンロトールセンターに集合し、グループ責任者が、PCの日報に作業区域や被爆線量値を入力していました。作業者毎のExcelシートが約200あるために、入力作業に3~4時間を要していました。また、データ入力ミスが発生した場合、重大問題に発展しました。

本システムでは、作業現場で作業者IDのヘルメットRFIDタグを読取し、被爆線量をタブレットに入力するだけですので、日報作成作業が大幅に軽減され、入力ミスも防止できます。また、データは、モバイル通信でリアルタイムに中央コントロールセンタに送信されますので、本部と情報の共有ができます。

出欠管理

沢山の作業者が働く工事現場では、日々の出欠管理に多くの時間を必要としています。ヘルメットRFタグ、または、ICカードを使用することにより、短時間での出欠管理が可能です。また、モバイルコンピュータやタブレットを使用することによって、現場での入力が可能です。

所在管理

作業者は、作業現場を一日に何回か移動することがあります。どの現場にどの作業者がいるかを管理することは、現場で事故が発生した場合、迅速に安否確認するために必要です。モバイルコンピュータやタブレットで、ヘルメットRFタグやICカードを読ませることによって、作業員の所在管理が簡単にできます。

  • 除染作業の被爆線量管理

    福島県郡山市/田村市 導入事例

    ヘルメットのRFタグをハンディリーダで読取、出勤管理をします。また、退勤時にRFIDタグを読取、当日の空間線量計値を入力し、累積線量を管理します。

  • 業務用モバイル/タブレット

    スマホ型、タブレット型のモバイルターミナル、及び、車載端末で、耐久性に優れた業務用/産業用の製品です。

  • RFIDリーダ/NFCリーダ

    長波帯、短波帯、UHF帯、マイクロ派帯の固定型RFIDリーダ、NFCリーダ、アンテナ、及び、BluetoothやWiFiよるポケットリーダなどのRFID製品です。

  • ICカード/磁気カード

    接触/非接触のICカード、および、磁気カードなどのカードリーダ製品です。

  • RFタグ/NFCタグ

    長波帯、短波帯、UHF帯、マイクロ派帯のRFタグ、NFCタグ、ICカード、RFIDラベル、インレイなど、RFIDメディア関連の製品です。

  •