害獣捕獲監視

加速度センサーRF監視タグ、赤外線センサーRF監視タグにより罠に掛かった動物を検知し、その情報をメールサーバに転送、管理者に捕獲メールを送信します。

IoTで罠を監視

害獣を捕獲するために仕掛けた罠は、捕獲状況を巡廻監視しなければなりません。これは、猟友会が高齢化していることから、大きな負担になっています。そこで、この負担をセンサー付のRF監視タグ、M2Mアダプタ、モバイル通信を使用してIoTによって解決しました。

箱罠やくくり罠では、捕獲した害獣は、逃げようと暴れます。その振動を加速度センサで検知し、信号を中継器に送信します。また、囲い罠では、中に入った害獣を赤外線センサで検知し、同様に信号を中継器に送信します。中継器は、受信したセンサ信号をM2Mアダプタにより、モバイル通信を使用してメールサーバに転送します。そして、メールサーバは、罠の管理者に捕獲メールを送信します。

箱罠の監視

箱罠の上部に加速度センサーRF監視タグを設置します。害獣が箱罠に入ると、大きく暴れますので、加速度センサがそれを検知し、害獣の存在を確認します。風やいたずらの影響を最小化するために、検知回数が一定時間に一定以上になった場合のみ、検知結果をメールサーバに転送します。1台の中継局に20個までのRF監視タグを接続できますので、モバイル回線やメールサービスの契約数を少なくでき、通信費用やメール費用を削減できます。

くくり罠の監視

くくり罠に加速度センサーRF監視タグを設置します。害獣がくくり罠に掛かると、大きく暴れますので、加速度センサがそれを検知し、害獣の存在を確認します。風やいたずらの影響を最小化するために、検知回数が一定時間に一定以上になった場合のみ、検知結果をメールサーバに転送します。1台の中継局に20個までのRF監視タグを接続できますので、モバイル回線やメールサービスの契約数を少なくでき、通信費用やメール費用を削減できます。

囲い罠の監視

囲い罠の隙間、或いは、内部に赤外線センサーRF監視タグを設置します。害獣が囲い罠に入ると、赤外線センサーがそれを検知し、害獣の存在を確認します。検知距離は、最大12mです。風や雪などの影響を最小化するために、検知回数が一定時間に一定数以上になった場合のみ、検知結果をメールサーバに転送します。1台の中継局に20個までのRF監視タグを接続できますので、モバイル回線やメールサービスの契約数を少なくでき、通信費用やメール費用を削減できます。

  • タヌキ、イノシシなどの捕獲監視

    須坂市 実証実験事例

    加速度RF監視タグを使用して、害獣が罠に掛かったかどうかを監視します。加速度センサーが検知したときに捕獲メールを送信します。

  • サルの捕獲監視

    むつ市 実証実験事例

    加速度RF監視タグと赤外線RF監視タグを使用して、サルが罠に掛かったかどうかを監視します。センサーが検知したときに捕獲メールを送信します。

  • 害獣捕獲監視システム

    わなタグ

    加速度センサRF監視タグと赤外線センサRF監視タグを使用して、罠の捕獲状況を監視し、検知データをメール送信します。