生産/物流シミュレーション

様々な位置測位センサにより位置情報管理や動線分析を行い、作業者、生産設備、フォークリフト、AGVなど適正配置や稼働率を3Dで再現し、工場や倉庫の効率化を支援します。

位置情報管理・動線分析ソフトウェアRaFLOWは、様々な位置測位センサ(UWB、WiFi、PDRなど)により、製造・物流現場で作業する人やフォークリフト、AGVなど搬送機器の動線・作業ログを使って、実際の動きをPC上に3Dで再現します。また、作業者や搬送機器ごとに動線・移動距離・エリア別の滞在率を数値化するなど、移動体の状況を一斉に計測しますので、動点交差や特定箇所への集中アクセス、特定箇所や特定時間の滞留、移動体の移動距離など、「現場の問題点」を見える化します。これにより、工場や倉庫業務の効率化を支援します。

倉庫内作業の効率化を図りたい

倉庫内にモノが溢れている、予定時刻までに作業が終わらない、作業員に手待ち時間が発生しているなどの問題点を見える化し、モノが溢れないために必要な広さ、引取人員や作業員の追加人数、省力化できる作業人数などの改善をします。具体的には、作業者別生産量、時間当り処理数、作業者別稼働率、作業終了時間、移動距離などのデータを分析します。

搬送設備の効率を向上させたい

台数不足のため搬送が間に合わない、台数不足で作業者に搬送待ちが発生している、台数過剰で搬送設備に渋滞が発生しているなどの問題を見える化し、最適な搬送設備の何台、搬送待ちを解消するための走行速度などの改善をします。複数の搬送設備を事前に比較・検証、それぞれの搬送能力を数値化し、定量的に評価・分析できるため、搬送設備の導入を無駄なく効果的に実施できます。

生産能力の効率化を図りたい

生産設備の能力が定量化できない、考慮すべき変数が多いので設計の成立性を検証できないなどの問題をシミュレーションして、導入前検証をします。高速設備の導入、工程配置の変更、生産ラインの能力変更など、様々な場合において、各工程への供給・引取数や工程間の仕掛品数、必要面積などのシミュレーションが可能です。

作業員やフォークリフトの動きや位置情報を把握し分析したい

移動距離や動線を把握したい、渋滞、滞留箇所を把握した、フォークリフトの所在を把握したいなどの問題を、様々な位置測位センサー(UWB、WiFi、PDRなど)により見える化し、工場や倉庫業務の効率化を実現します。UWB周波数帯位置測位システムUbisense RTLSは、2点測位で約40mの範囲内の位置・動線データの取得が可能ですので、センサーの設置困難なエリアや電波干渉を抑えたい現場でも使用できます。

  • 位置情報・動線分析ソフトウェア

    RaFLOW(ラフロー)

    UWB(Ultra Wide Band)、WiFi、PDR(自律型行動計測)など位置測位センサーを使用した位置情報管理・動線分析ソフトウェアです。

  •  
  •