ビジネスライフ

アイニックスの社風、企業理念、研修制度、イベント等についてご説明します。

社風

アイニックス 本社事務所

アイニックスは、社員の成長とともに安定した成長を目指していますので、成果も大事ですが、その過程を評価しています。10年後の自分の姿が想像でき、将来の人生設計が立て易く、末永く働ける環境を提供したいと願っています。自動認識業界は、社会インフラとして浮き沈みが少ない業界ですので、短期勝負ではなく、スキルを着実に積み上げながら成長してもらいたいと考えています。

一言で言えば、アットホームな雰囲気の会社です。皆でワイワイ議論をしながら仕事をしています。社長とも気軽に話しができます。しかし、中小企業にありがちな自由奔放な会社ではありません。ビジョン、戦略、目標、戦略が明確であり、組織行動ができる会社です。定款、就業規則から始まり、28種類の規定が整備されています。

アイニックスは、自主、自律、自由、パートナーシップの理念で経営しています。自主性と自律性を重んじていますので、半期毎に上司の指導のもとに自分の目標を定め、そして自ら評価します。達成率も重要ですが、その目標にどのように取り組んだかがより重要です。高い目標に向かって挑戦することが重要です。その結果は、夏季冬季の賞与査定に反映されます。

業績の良い年は、3月に業績賞与が支給されます。業績は、個人の努力より皆が協力した結果ですので、個人評価することなしに一律で支給されます。

 

企業理念

アイニックスの理念は、自主、自律、自由、パートナーシップです。その意味を簡単に説明します。

  • 自主とは、会社の理念や目標に従って、主体的に自分自身の目標やその実現方法を定めることです。
  • 自律とは、自分自身の目標を自己責任で達成することで、未達成の原因を他に転嫁しないことです。
  • 自由とは、既成概念に囚われず自由な発想により、新しい価値を創造することです。
  • パートナーシップとは、社員や取引先と協力することによって、目標を達成することです。

 

研修制度

アイニックス 本社事務所

入社後、新卒採用は社会人研修を受けます。また、新卒、中途を問わず全員が(一社)日本自動認識システム協会の自動認識基礎セミナーを受講し、自動認識技術全体を理解します。以降は、随時、スキルに応じて外部教育機関の研修を受けて頂きます。

また、自主的に資格試験を受験した場合は、会社が認定した試験に対して合格した場合に限り受験料を申請することができます。自動認識技術では、自動認識基礎技術者、バーコード専門技術者、RFID専門技術者の認定試験があり、多くの社員が取得しています。

海外取引先の中には、パートナー会議を海外で開催することがありますので、そこに参加することができます。また、海外の情報を収集するために、海外展示会や海外工場を視察することもあります。

 

全体会議

全体会議

年2回の全体会議では、本社、大阪営業所、名古屋営業所の全員が集まり、決算報告と今期計画の発表を行います。私服ですので、リラックスした雰囲気で進行します。

業績報告、景気動向、技術動向、社会動向から始まり、今期方針、今期目標、事業戦略、商品戦略、営業戦略など、詳細にわたって約1時間、社長が説明します。つづいて、各部門の説明が続きます。

通常は、本社近くの会議室で行いますが、時々、温泉地まで出向いて行うこともあります。そのときは、いっそうリラックスした会議になります。

全体会議の後の懇親会は、それぞれに地域の話題により盛り上がります。ナショナル企業としての面白さが感じられるでしょう。

 

 社員旅行

2014年は、20周年記念にソウル旅行を実施しました。そして、翌年は台北旅行に、翌々年は沖縄旅行でした。2018年は、25周年記念にベトナムのハノイ旅行を実施しました。そして、2019年は、北海道を予定しています。社員旅行は、定例のイベントではありませんが、周年記念や業績に応じて適時行っています。

台湾社員旅行
台湾社員旅行
ソウル社員旅行
ソウル社員旅行

 

筍掘り

毎年、社長の家で「筍掘り」が行われ、たくさんの家族が参加しています。「筍堀り」で汗をかいた後は、バーベキューで盛り上がります。そして、おみやげにタケノコを持って帰ります。

タケノコ堀り
タケノコ堀り
バーベキュー
タケノコ堀りの後のバーベキュー