省スペース、超音波重送検知機能

小型バーコードシートリーダ

AX300

バーコードが印刷されたカードやシートを自動読取できます。読取したシートは、アクセプトスタッカに排出され、読取できなかったシートは、リジェクトスタッカに排出されます。超音波による重送検知により、読取漏れを防止します。また、およそA4サイズのスペースに設置できます。

2Dイメージャ
オンラインでのご購入または見積りはこちらから

特長

バーコードシートを自動読取

納品書、領収書、カンバン、商品券、チケット、アンケートなどのバーコードシートを自動で読取できます。読取不能のシートは、自動的に取り除かれます。

大容量の給紙トレイ

約250枚の給紙トレイは、作業効率をアップさせます。排紙トレイは、上段50枚と下段250枚です。

エリア読取

読取エリアを設定することにより、そのエリア内のバーコードを向きに関係なく読み取ります。QRコードの読取も可能です。

CISリーダ

確実な紙送り機構

超音波センサにより複数枚の紙送りを検知しますので、読取漏れがありません。

読取確認スタンプ

読取完了のシートに読取済のスタンプを付けることができます。

AX300 スタンプ機能

省スペース

省スペース設計により、A4サイズの場所に設置することができます。(スタッカの突起部を除く)

AX300 省スペース

フルオープン設計

背面がフルオープン設計なりますので、日常の清掃やメンテナンスが容易です。

AX300 フルオープン設計

プレミアム商品券の回収業務に最適

 

地方自治体は、個人消費を刺激し地域を活性化するために、額面以上の価値を付加したプレミアム商品券や地域振興券を発行しています。政府も、「地域消費喚起・生活支援型」事業で、プレミアム商品券発行のための予算措置を行っています。

店舗や金融機関から回収されてきたこれらの商品券は、3月と9月に財務局に回収報告をしなければなりませんが、短期間の集計作業は大変な労力となっています。また、人による集計では、集計ミスの可能性も考えられます。

そこで、バーコードシートリーダを活用することをお勧めします。商品券に印刷されたバーコードを自動的に読み取りますので、迅速な集計処理が可能です。読み取ったデータは、データ入力ソフトウェアRS-receiver Liteを使用してExcel等に入力できますので、報告書作成も容易です。

 

 プレミアム商品券

 

バーコードシートサンプル

 

 バーコードシートの例

 

給紙と排紙

 下のトレイから給紙し、上に2つのトレイに排紙します。

AX100

仕様

 

読取特性
バーコードリーダ CISスキャナ(エリア読取)
読取シンボル JAN/EAN-8/13、UPC-A/E、Interleaved 2 of 5(ITF)、
Codabar(NW-7)、Code39、Code128、GS1-128、QRコード
給紙トレイ 約250枚(55Kg紙)
排紙トレイ 上段:約50枚(55Kg紙)、下段:約250枚(55kg紙)
読取シート シート幅:50~115mm
シート長:60~260mm
紙厚        :0.08~0.20mm
PET紙、合成紙:0.08~0.188mm
重送検知方式 超音波検知方式
電気・機械的特性
電源電圧 AC100V、50/60Hz
消費電力 150VA以下
インタフェース RS232C、USB 2.0(仮想COM)
動作温度 +5°~+35°C
動作湿度 35~85%RH(非結露)
外形寸法 210(W)×280(D)×322(H)mm
重量 11Kg
済スタンプユニット ◎スタンプ赤色

ダウンロード項目が存在しません。
ご要望のファイルがあるかもしれませんので、弊社営業までお問い合わせください。

型名および価格は、弊社営業にお問い合わせください。

製品アイコンのご説明
レーザスキャナ有線LAN
1Dイメージャ無線LAN
2DイメージャBluetooth
HF帯RFIDNFC
UHF帯RFID無線通信
RFIDWindows
OCRAndroid
カメラiOS
GPS防塵・防滴
電子ペーパー高耐久性
生体認証氷点下動作
音声長期無償保証
3.5G / LTEZigBee