バーコード・ICタグで、スピーディな資産管理と利用者管理

資産/物品管理システム

MONISTOR

MONISTORは、バーコードまたはICタグ(RFID)を使用して、物品の資産管理と所在管理を行います。物、人、場所にバーコードまたはICタグを貼付し、それをモバイルコンピュータで素早く読み取りますので、正確でスピーティな管理が可能です。これにより、資産棚卸の効率化、資産の有効活用、内部統制強化を実現します。

 

TSSロゴ

1Dイメージャ 2Dイメージャ UHF帯RFID 無線LAN Windows
オンラインでのご購入または見積りはこちらから

特長

 

MONISTOR特長

 

スピーディで正確な資産棚卸

台帳管理を行っている場合、棚卸を行う前に作業リストを作成することから始まります。また、印刷したリストを見ながらの棚卸は、時間がかかる上にミスも発生します。MONISTORは、物品に貼り付けたバーコードやICタグをモバイルコンピュータまたはバーコードリーダやRFIDリーダで読み取るだけですので、正確かつ短時間で棚卸が行えます。

MONISTOR棚卸

Webから利用申請

MONISTORは、共有資産を効率的に使える「資産利用予約機能」をもっています。この機能を利用すれば、Webブラウザから利用状況を確認でき、Webで利用予約することができます。利用者が利用申請を行うと、管理者へ申請通知が自動的に配信されます。申請通知からWeb認証へスムーズに誘導しますので、これまで時間がかかっていた申請手続きが、手軽に行えるようになります。

 

MONISTOR予約

自由にラベル印刷

資産管理のバーコードラベルをいつでも印刷できます。バーコードラベルのテンプレートを用意してますので、サイズやレイアウトの異なるラベルデザインを選んで、素早く印刷できます。新たにバーコードラベルを作成するためのソフトウェアを用意する必要がありません。

 

MONISTORラベル印刷

環境に合わせてデータ連携

棚卸データをモバイルコンピュータからPCへ通信は、無線LANとケーブル通信(ActiveSync)が使用できます。複雑な設定作業は不要で、 棚卸作業中でもモバイルコンピュータの設定メニューからデータ通信方法を選択できます。お客様の環境に合わせてボタン1つで切替えできます。

 

MONISTOR通信

既存データを活用

資産データの一括登録が可能です。また、ExcelファイルやCSVファイルを利用できますので、お客様の登録作業の負荷を軽減します。既存データファイルをそのまま読み込み、ドラッグ&ドロップのマウス操作だけでMONISTORのレイアウトへデータを割り当てることができますので、 インポート用ファイルを改めて作成する必要がありません。現在使用しているデータを有効活用し、より効率的な資産・物品管理へ移行していきます。

 

MONISTORデータ

優れた機能

資産管理、物品管理機能

バーコード管理:バーコード管理することで、素早いチェックと目視による間違いを防止し、精度の高い棚卸や資産・物品管理を短時間で行うことができます。

ICタグ管理:長距離から複数のICタグを同時に読み取ることができますので、棚卸や資産管理の更なる効率アップが実現します。

バーコード/ICタグのハイブリッド管理:棚卸はICタグで、貸出返却管理はバーコードで、というようにお客様の環境や用途で使い分けできます。

資産検索:資産の保管場所、棚卸状態、購入日、リース期限などをキーワードで検索できます。膨大な量の資産データでも、すぐに見つけることが可能です。

資産画像登録:モバイルコンピュータのカメラで資産の写真を撮影し、登録することができます。例えば、棚卸の際に故障を確認したら、故障の状態を記録できます。

棚卸、在庫管理機能

モバイル棚卸:棚卸前のデータ準備から実際の棚卸、そして、結果の確認まで、モバイルコンピュータでスピーディに行います。

棚卸監視:棚卸した結果をモニタに表示しますので、棚卸の進捗状況や棚卸の状態(正常・保管場所不一致など)がひと目で分かります。

在庫管理:入出荷処理もモバイルターミナルを使用してスピーディに正確に行い、無駄のない効率的な在庫管理が可能です。(オプション機能)

グラフ表示:在庫の変化をグラフ表示することで、変動の様子や安全在庫との差も人目で分かり、在庫の不足や過剰の回避につながります。(オプション機能)

データ分析:資産の種類や配置の割合を表示します。各倉庫にどれだけの資産が保管されているかなど、さまざまな分析に活用できます。(オプション機能)

貸借管理

貸出、返却管理:資産の所在不明の原因の1つに、誰がいつ利用しているのかを管理していないことが挙げられます。MONISTORは、利用者を管理できます。

予約登録:予約登録により、その資産の利用予定を把握できます。その状況に応じて、作業計画を立てられますので、作業効率が向上します。

利用状況照会:資産の利用状況をWebで公開できますので、誰が利用しているかを把握できます。そして、いつ利用可能になるのかを確認できます。

利用履歴:資産をいつ誰が利用し、返却したかという履歴を確認することができます。履歴を残すことで、利用状況の把握や問題の早期発見に役立ちます。

ユーティリティ

ユーザ管理:ユーザに対して利用権限を設定できます。管理者や一般のユーザ、棚卸ユーザなど、全部で24通りの権限が設定可能です。

データバックアップ:自動・手動でのバックアップが可能です。自動で行う場合は、日・週・月単位でバックアップ時間のスケジューリングができます。

無線LAN/バッチ:モバイルコンピュータとのデータ送受信は、無線LANとバッチに対応、お客様の環境に合わせてボタン1つで柔軟に切り替えられます。

データ移動:Excelなどの資産データを一括で取り込むことができます。逆に、MONISTORの資産データを、別システムへ出力して活用することも可能です。

複数拠点管理:離れた複数の拠点でも、MONISTORなら共有管理が容易に行えます。管理拠点が増えても、規模に合わせた一元管理が可能です。

ラベル印刷:資産管理用ラベルは、新たにバーコードラベル作成システムなどを用意する必要がなく、自由な大きさやデザインでいつでも印刷ができます。

表示変更:用途に合わせて、データ項目やカラーの表示をお客様自身で変更することができます。

レポーティング:資産情報や棚卸結果など、一覧表示されるデータを帳票出力することが可能です。CSVファイルに出力されたデータは、運用に合わせて自由自在にレポーティングすることができます。

自動通知:資産の利用状況や在庫状況、リース期限を監視して、自動で警告を通知します。

仕様

 

管理者用
Webサーバ
DBサーバ
Windows® Server 2008
Internet Information Service(IIS)6.0以降
Microsoft® .NET Framework 3.5以降
Microsoft® SQL Server 2005
マスタメンテナンスモニタ Window 7/8/8.1
Microsoft® .NET Framework 2.0以降
Microsoft® ActiveSync 4.5以降または
Windows® Mobile Device Center
利用者用
Webブラウザ Internet Explorer 8/9
モバイルコンピュータ
OS Windows® Mobile 5.0以降
Windows® CE 5.0以降
コンポーネント Microsoft® .NET Compact Framework 3.5以降
品 名 型 番 標準価格(税別) ネット価格(税別)

資産/物品管理システム 基本アプリケーション

1CPU ライセンス

MONISTOR 1CPU お問合せ下さい

資産/物品管理システム ユーザライセンス

1 ユーザ、5ユーザ、10ユーザ、20ユーザ、30ユーザ、50ユーザ、100ユーザ

MONISTOR User X お問合せ下さい
製品アイコンのご説明
レーザスキャナ有線LAN
1Dイメージャ無線LAN
2DイメージャBluetooth
HF帯RFIDNFC
UHF帯RFID無線通信
RFIDWindows
OCRAndroid
カメラiOS
GPS防塵・防滴
電子ペーパー高耐久性
生体認証氷点下動作
音声長期無償保証
3.5G / LTE